3月 25, 2017  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 「動物を殺さない肉」の開発が世界中で進んでいますが、日本でも「Shojinmeat Project」という取り組みがあります。

"SHOJINMEAT" 未来食プロジェクト 再生医療から宇宙農業へ

以下、サイトより、
-----------------------------------

■Shojinmeatとは
本物の肉なのに、牧草地もいらないし、動物も殺さない。

純粋に筋肉細胞だけを増やして作る食材、「純肉」 の開発に取り組んでいます。 

再生医療から食料安全保障、宇宙農業までつながるこのプロジェクト、皆様とご一緒に考えることができれば幸いです。

■プロジェクト目標

純肉の開発を通じて持続可能な食糧生産を一日でも早く実現し、これまで数百年にわたり積み上げられてきた食文化を守るのがミッションです。
「細胞納涼」の概念を確立して技術的、経済的検討の土台を造る同時に、実際に純肉を作る技術開発を行っています。
■進行中のプロジェクト

純肉の生産には、筋肉細胞の培養をコストダウンして大規模化する必要があります。 

細胞培養自体は使い古された技術ですが、それを大きなタンクで可能にするのが"Shojinmeat Project"の技術的取り組みの中心です。
-----------------------------------

Shojinmeat Projectの代表「羽生雄毅」さんは先日京都大学の「人と動物の倫理プロジェクト」で講演を行いました。
その時の講演資料を共有頂けることになりました。以下の通りです。

Shojinmeat Project : 純肉(培養肉) : 細胞培養による食糧生産へ


Campfireでクラウドファンディングをしていますので、ご関心がある方はご参加ください。

動物を殺さない肉を作る!ー"Shojinmeat”純肉(培養肉)開発プロジェクト





3月 24, 2017  | Category: オーガニック
 高円寺のヴィーガンレストラン「メウノータ」で、お食事の際に出してくださる、紫色のお塩がとても美味しく、お店で量り売りで販売していらっしゃるので、ときどきまとめて頂きます。

☆大粒ですが、細かい砂状のものも含まれます。


☆実際は、もっと紫色っぽい色合いがあります。硫黄の香りが少しします。


とっても美味しく、何のお料理にも使っています。

本サイトのフレンドサイト「フレーバーネット」でも販売されています。

https://www.flavour-net.jp/shop/products/list.php?category_id=200



Category: オーガニック
3月 21, 2017  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 中央線・総武線高円寺駅から歩いて5分ほどのところにあるビーガンレストラン「Meu Nota(メウ・ノータ)」

Meu Nota:http://meunota.com/top.html


久しぶりの伺いました。というのは、こちらで販売していらっしゃるお塩を購入するためです。

とはいけ、久しぶりにベジ&グレインデリプレートを頂きました。

☆本日のメニューは、「季節野菜のフライ、春菊と新たまねぎのタルタル添え、薩摩芋のマッシュサラダ、島ひじきと菜の花とお揚げのマリネ、エノキの梅酢おろしなめ茸、自家製豆腐・・など」です。
とっても楽しみ・・・・・

☆そして、、、、、、、、、、、いつみても美しい彩りのプレートです。


☆デザートはチョコチップとミントのスコーンと、三年番茶を頂きました。


☆私は窓際にカウンタ席にてお食事を頂きましたが、この時は、レストランにアーティストの絵画が展示販売されていて、可愛い小ぶりのイラスト飾られていました。


☆ネコちゃんのイラスト


☆オレンジジュース。色合いが可愛いです。


その他の席には、もっと大きなイラストも飾られていました。

本レストランのシェフの方は、以下のお料理本を出していらっしゃいます。


3月 17, 2017  | Category: 自然療法、栄養など
 まだ、自然療法が全く日本で認知度が無かった頃から、自然医学を提唱して、治療に努めていらした森下敬一先生が今月89歳のお誕生日を迎えられるそうです。
 
おめでとうございます。
 
先生のご功績が語られるビデオです。
「お茶の水クリニック「森下敬一博士」とマクガバンレポート」:https://www.youtube.com/watch?v=tjm_ReAJ6mM&t=133s

上記のYouTubeビデオの説明には、以下のように書かれています。
------------------------------------
3月は大変お世話になっている先生が89才を迎えます。
昭和3年3月3日生まれの「森下敬一博士」まだまだ現役で東京のお茶の水クリニックで診療を続けられています。
昭和45年(1970年)に開院したクリニックですが、当時の日本では初めての自由診療のクリニックです。
医薬品は一切処方せず、食事指導で沢山の患者さんを治してこられました。
森下敬一博士は昭和31年から日本人の健康を守る為に自然食運動を始められました。
「西洋食の普及で、日本人は癌その他の病気になる」という理由です。
日本人の食事は1956年(昭和31年)から西洋食が普及し、2年間で日本人の死因が変わりました。
1947年の死因を調べたのですが、1位は結核、次いで呼吸器感染、胃腸炎、脳血管疾患、老衰でした。
1958年(昭和33年)から癌、心臓病、脳卒中と死因が変わりました。
現在、老衰でなくなる方は約2%以下。100人にたった1~2人?
特に1970年以降からは食生活の欧米化が更に進み、化学物質などの影響もあって、腸内細菌がダメージを受け、アレルギーが増えています。
森下敬一博士の理論は1970年代まで理解されませんでした。
しかし、アメリカで「マクガバンレポート」が発表され支持される様になりました。
------------------------------------
 
森下敬一先生の最も新しいビデオは以下の通りです。(2015年9月にアップされています)
30日間の「不食」を実行した、榎木孝明さんと自然医学の雄 森下敬一博士の対談です。
https://www.youtube.com/watch?v=xo_BvR3B2Yc&feature=youtu.be

森下敬一先生がいつまでもお元気でいらっしゃることを心より祈念申し上げます。

3月 16, 2017  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
新宿ルミネ地下2階のレストラン・食品売り場が改装されて、新しいラーメン店が出来ました。

そして、完全ヴィーガンラーメンが提供されているので、頂くことに。。

☆お店の外からの写真です。カウンター席のみ。


☆表に出ているメニューです。
麺は、全粒粉入り小麦粉麺、こんにゃく麵、


☆このヴィーガンラーメンには、鎌倉野菜が使われています。


☆席にあるメニューは、こちら。ノン・ヴィーガンは、ラーメンタイプとつけ麺タイプがあります。


☆トッピングと小ごはんがあります。


☆ベジタリアン出ない方向け、鶏油の量を選べます。


☆トッピングのメンマを注文しました。ん?メンマというより、タケノコのメンマ風?かな。。


☆そして、彩りの綺麗なヴィーガンラーメンです。麺は全粒粉入り小麦粉麺にしました。しかし、デフォルトでは卵の代わりに蓮根を練りこんだ麺です。
スープは、大変大変薄味です。


☆全粒粉入りなので、胚芽のツブツブが入っているのが見えます。


☆テーブルには、左から、お酢、七味唐辛子、胡椒、つまようじ、が、カウンタに置かれています。





2月 24, 2017  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 チョコレートには通常ミルク製品が含まれますが、通常のミルクの代わりにライスミルクを使ったヴィーガンチョコレートがあります。

☆荻窪ぐるっぺで購入したのは、SUPER NUTとWHITE VANILLAです。

☆甘みは有機きび砂糖が使われています。


☆ホワイトチョコレートといっても、少しベージュがかっています。(ミルク入りのホワイトチョコレートに比べるとやはり滑らかさが少し少ないかな。。。)

☆ナッツとチョコレートの組み合わせは、やはり美味しいです。
こちらはあまり一般的なヘーゼルナッツと、スムーズさは変わらないように思いました。


☆裏を見ると、ごろごろとヘーゼルナッツが入っているのが分かります。板チョコですが、一般の板チョコより薄いと思います。(一般の2分の1くらいかも)


その他にも、プレーン(水色)、チョコクッキー(青色)、アーモンド・オレンジ(オレンジ色)があります。アマゾンで購入可。(アマゾンは本当にほとんどなんでも売ってますね~)



406200