7月 30, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
 本サイトのFriendのSoLaLaさんが開催しているパン教室に参加してきました。
天然酵母や国産小麦粉、塩はシママース、お砂糖はきび砂糖を使って作るパンのクラスです。
(SoLaLaさんのブログ: http://blog.livedoor.jp/takayapan/ )

今回は、「野菜とお豆がたっぷりのベジカレーパン」「冷やしてもおいしい、豆がたっぷりの豆食」「桃酵母のカンパーニュ」です。
桃酵母は、参加者のお一人の実家で出来たりっぱな桃を使って発酵させたとのこと。

パン製作中は集中していて、写真を撮るのを全く忘れていました。

☆カレーパンが焼き上がり、先生がお昼に準備してくださっていた、ジャガイモの冷静スープ(ヴィシーソワーズ)と、右はキウリのレモン塩和えと焼きなす。下の丸いパンがカレーパンです。


☆本日の参加者みんなで、パンが焼きあがるのを待っています。テーブル中央には焼きたてパンを置く場所確保。
皆さん、写メを撮ろうと待ち構えています。


☆カンパーニュが焼き上がり!!


☆豆パンも2度焼き後出来上がり。最初に焼きあがった時には、まだ中が少し生焼けだったので、切り分けた後に再度焼きました。


☆こんなに沢山のお土産が出来ました。


☆カレーパンの中はこんな感じ。大豆とスプリットピーの豆カレー(ベジタリアンカレーで嬉しい)


☆そして、これが豆パンの中。唯一ショートんイング入りなので、しっとり感が強いパン。


毎日、少しずつ大切に頂いています。



7月 28, 2012  | Category: 自然食的な生活
 まあまあ近くに、というか同じ市内に以前から気になっていた手打ちそば・うどんのお店があり、やっと行ってみました。

☆大通り沿いにあるからか、駐車場が広く、その奥と店舗横に竹などの涼しげな樹木が植わっています。


☆駐車場の奥にはこんな可愛らしい感じの風景も。日本のお蕎麦屋さんて、本当に清潔ですね。


☆お店の外観はこんな感じです。白と黒のコントラストがすっきりとした佇まい。


☆お店に入るとこんな感じ。とっても普通のお蕎麦屋さんです。(写真ぼやけてまして、すいません)


☆お品書きも、本当に本当に普通のお蕎麦屋さんです。余計なメニュー無し!!!お蕎麦を食べて頂きましょう、って感じです。
お酒のおつまみも、板わさ、お新香、天ぷら盛り合わせ、くらいしか無かったと思います。


☆ 出して下さったお茶は、そば茶。香りが高い、透明感のある、素晴らしいお茶でした。


☆窓の外にはグリーンカーテン(まだ生育中)があります。エコですね。


☆注文した、おろし蕎麦です。わさびが新鮮!!細かく卸してあります。色も美しい!


☆お蕎麦は手打ちですので、太さがいろいろです。毎朝お店で打っているそうです。 
色白の腰のしっかりしたお蕎麦です。
お汁に付けた物を出して下さり、私が食べるのが遅いので(というより、 お蕎麦ってつるっと 噛まずに飲み込むって言いますが、私はよくよく噛んで味わって食べるからなのですが)、お蕎麦に汁の味がしみてしまいまして、お蕎麦本来の味が十分に楽しめませんでした。次回はせいろを食してみたいと思います。


食事を終えてちょっとゆっくりしていると、となりのテーブルの人(お年寄りのお母さんと50~60代の息子さん風)がなにやら言い合いをしているので、ちょっと耳をダンボにしてしまい(お行儀悪いですね。。汗)、でも結局何を言い争っているのか全く分からず、でもそしてそちらに気を取られて、お店に携帯を忘れて来てしまい、後で取りに行きました。お店の方々、有難う御座いました!!


7月 26, 2012  | Category: マクロビオティック
さて、阿佐ヶ谷のみねらる屋でランチしました。今日はビーガン仕様でお願いしました。
よって、メインディッシュが本来は肉団子のあんかけだったようですが(隣りの人のをチラ見して確認、すいません)、その代わりにテンペイの青のり風味天ぷらにして頂きました。

☆これがランチプレート。今回お味噌汁を改めてゆっくり飲んでいて気づきました。あまい!!野菜の甘みがたっぷり出ているお味噌汁です。
写真には入っていませんが、テーブルにはごま塩がありまして、自由に使えます。
玄米には本当にごま塩が合います。マクロビオティックの創始者ジョージオーサワ氏は、玄米+ごま塩を推奨したところもすごい!と改めて感嘆。
玄米とごま塩をゆっくり食していて気付いたのですが、お塩が、つまり塩辛さが美味しい、と。。。
ん?ん?ずっと以前、まだマクロビオティックがとってもとってもマイナーな頃、ごま塩のゴマと塩の量をだいたい7:1位にして作ると聞いていました。しかし、私はそれでは塩辛すぎて食べられず、10:1にしてもまだ塩辛すぎると感じていました。それをマクロビオティック関係者に話すと「すごい陽性ですね。」と言われました。たしかに、とっても陽性で、100%ポジティブだったなぁと思います。
それに比べて今はずいぶんと陰性になったのではないかと思います。(陰性だからといって全く問題無しと思います。私自身、この位が適当かと感じています)
マクロビオティックの創始者ジョージ・オーサワは、もともと大変陰性だった様で、玄米食により陽性になっていろいろな発見をしてハッピーになって様で(私の勝手な私見ですが)、当時のマクロビオティックではとにかく陽性にすることが重要でした。でも私はもともとすごい陽性。ですから、マクロビオティックの思想は理解するものの、当時の日本のマクロビオティック料理はあまり合わなかった様に思います。ゴマは大好きなので、ごま塩もゴマだらけの物を作っていた様に思います。その後海外の様々なマクロビオティックレストランに行きますと(特に久司先生系は)、より陰性かつ自由な料理があり、ほっとしました。



☆こちらがテンペイ天ぷらのアップです。ずいぶんとしっかりした、大豆1つ1つが口の中で転がるようなテンペイでした。青のり入り衣は嬉しいです。えと、たしかマグネシウムが豊富??
給食でよく出た(古い?)、そして今讃岐うどん店でよくある、ちくわの天ぷらをちょっと思い出します。


7月 26, 2012  | Category: 自然食的な生活
少し前に、内装とメニューをリニューアルした新宿京王モールの「粥餐庁」さん。

☆これが新しいメニューの表紙です。朝粥も開始。以前は確かやっていなかったと思います。いいですね。中国の人々は朝お粥を食べるとのこと。中国人の強さの素(の一つ)ではないのかしら、と思っています。


☆これらの「赤」い粥と、「緑」の粥が新たな売り物のです。
 

☆早速、緑の粥をいただきました。そら豆が沢山入っていて、本当に身体にやさしい味です。私はそら豆ラブなので、すごく嬉しい。
トッピングはジャコです。カルシウムも補給出来る。


☆そして、今でも健在なタンタン麺。新しいメニューにはお肉は入っていないと追記されていました。干しエビが入っています。
 

☆こちらも健在。ただしお持ち帰り専用。


☆これが、実物のパッケージの表。「こびり」という名称だそうですが、どういう意味なんでしょうか???
原材料がすごい。玄米粉(国内産)、有機豆乳、てんさい糖(マクロ・ビ的ですね)、植物性油脂(これだけはちょっと怪しいなぁ。。どんな植物性油脂なんでしょうか。)、アーモンド粉、トレハロース(テレビで一時期宣伝してたヤツですね)、山芋粉(これもいいですね)、ベーキングパウダー(アルミフリー)(すごく嬉しい)、コラーゲン(魚由来)、自然塩、、、、 


というわけで、私のお気に入り3点、ご紹介しました。


7月 25, 2012  | Category: 市井の食事情
少し以前に、貧困に取り組むNPOであるOxfam JapanのWorkshopに参加しました。
(Oxfam Japan:http://oxfam.jp/
場所は、代々木元オリンピック村?正式名称は国立オリンピック記念青少年総合センターです。
http://nyc.niye.go.jp/index.html )

☆入口からの様子です。
 

☆建物のデザインはさすがに古い幹事です(すいません、どうみても古っ!!って感じなんので。でも懐かしい。)
実はここではいろいろな活動が行われているんです。私自身だけでも合唱の練習、宇宙法大会、今回のOxfamワークショップなど、様々な活動で訪れています。
 

☆そこに、こんな可愛いカフェを発見!!入口の看板です。かわゆい!!それにグリーンでグローバルな感じがよいです。
          

☆入口から中を見るとこんな感じです。いいなぁ。。。早速入ってみます。
 

☆窓の外は木々が茂る林。。。落ち着きます。この窓辺で本を読みたいって感じですね。


☆コーヒーを購入してWorkshopが始まるまでの時間、ちょっとゆったり。。


☆いろいろなソファがあります。


☆壁には、ん?子供達の作品?あるいはもしかしたら、著名なアーティストの作品かも。。。よくわからない。未確認。


☆キッチンカウンターもカラフルでかわゆいです。




という、うれしい発見でした。。。







Category: 市井の食事情
7月 24, 2012  | Category: 市井の食事情
近くに「無添くら寿司」があり、ときどき行きます。最初にくら寿司がビジネスを開始した際にはなかった天然物が多くなっていたのには驚きました。
もしかしたら、くら寿司さんは結構「安心」「安全」に本気なのかも。。。と思います。

以前には「ガリ」や調味料も無添加かどうかは無添加の張り紙に記載がなく不明でしたが、今はそれらも無添加が明記されています。

しかもアメリカに出店していて、そのお店では「 オーガニック、無農薬野菜を使用したお寿司を提供しています。 」とのこと。更に既に複数店ある様です。
http://www.kulausa.com/ 
メニューのRoll類がステキです。カリフォルニアロールだけでなく、いろいろ工夫を凝らした新しいロールが沢山!!

私にとっては今後が楽しみなお店です。

Category: 市井の食事情
7月 23, 2012  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 行って来ました。ベジケイト( http://www.vegecate.com/index.html )
トップページに写っている女性がオーナーだそうです。29才でビーガン。
こんな新しいコンセプトのお店をオープンしてしまうなんて、すごいパワーです。

☆まずお店の外観



☆そして、お店内部の様子。明るくすっきりしてます。未来的。


☆そして、これがカップ入りの大豆肉唐揚げ。
ソースが絡まったタイプはこのカップ入り、そしてガーリックパウダーとチリパウダーがかかったタイプは紙袋入りでした。
10個近く入っていて、280円は安~~~ ~~~  ~~~  ~~~ い!!
店長さんのお話だと、大豆肉の工場から直接購入しているので、この価格を実現出来ているそうです。


☆そして、自宅に戻ってテイクアウトした全4種類を一皿にあけてみました。
左上チリパウダー、右上ガーリックパウダー、左下韓国風の甘辛ソース、右下醤油マヨ味。(このマヨも完全ビーガン仕様)



☆飲み物がステキ過ぎます!光食品の無添加、砂糖不使用のサイダーです。これを知っている人って少ないし、これを飲み物メニューとしてチョイスするなんて、オーナーはかなりの玄人です。
原材料は果実(有機リンゴ、有機レモン)、炭酸」、これだけです。素晴らしすぎる!


☆クーポン付きのちらしを頂いてきました。すごい!日本唐揚協会の最高金賞を受賞した唐揚げだそうです。


☆しかも、様々なメディアで取り上げられた様子。
http://www.vegecate.com/media.html 


と、ここまで引っ張っておいて恐縮ですが、肝心の大豆肉唐揚げの感想はというと、一言「残念!!!!!」

何故かと言うと、ジューシーさがゼロだということ、ソースや味つけパウダーの味が濃すぎて、大量のご飯と共に食べないと食べられない。それでも食後にめちゃくちゃ喉が渇く。。。。
ということでした。
でも、この様なお店は各地にオープンして頂きたいので、早速ご提案をしようと思い、メールアドレスを探しましたが無し。。。
お電話でご提案するのも。。。と思い、ちょっとどうしようかと思っているところですのです。

これではリピートする人はいないのでは。。。と、とっても心配。そして、なくなって欲しくな~い!!

ちなみに、自分で美味しく変身させるべく、ベジタリアンスープストップで少し煮てみましたところ、もはや唐揚げではありませんが、それなりにグッド。それを野菜と炒めても良いかも。。。あるいは改めて揚げても。。。

前回ご紹介した「みねらる屋」さんのタプロ(大豆肉)親子丼の鳥肉風大豆肉と比較すると、みねらる屋さんは料理のプロ、こちらは飲食材選択はプロでも調理はアマと、その位違いが、、、。。。。

初めて大豆肉を試す方は、みねらる屋さんのタプロ丼をまず試して頂きたい。タマゴを食べない方はその旨お店の方にお伝えすると何か考えてくださるのではないかと思います。ビーガン対応っておっしゃっていたので。。

----------------------------------
その後、クルー募集のページにメルアドを見つけたので、早速「ジューシーさを!」「味つけを薄く!」と訴えました。ご検討頂けることを祈るばかりです。

----------------------------------
そして5日後、 私の提案をご検討頂けるという、大変丁寧なご返信がありました。ベジケイトさん、どうぞよろしくです。



7月 19, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
 マクロびあん向けレストラン・カフェでもご紹介した、阿佐ヶ谷の「みねらる屋」さんの大豆肉親子丼セットを頂きました。(メニューではタプロ丼となっています)



あまりにも優しい味にびっくり。 丁寧に作っていらっしゃるお店の方に感謝。
タマゴを頂ける方にはお勧めです。






583240