10月 31, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
 また阿佐ヶ谷に用事があり、夕食をミネラル屋さんで頂きました。
☆こちらがディナーセット。左:黒米入り玄米、右:具だくさん味噌汁、生野菜(水菜、人参、大根、推察するにすり下ろしオニオンのノンオイルドレッシング)。
メインプレートは、真ん中:サトイモの煮物(とろーりとしたペーストが絡んでいて良い感じ)、右上:野菜のぶつ切りのマリネ、左上:根菜のカツオ節煮(の様な感じだと思います)、右:ひじきの煮物、左:青魚の煮物、左下:テンペイの照り焼き野菜あん(え、テンペイが見えないって?実は野菜に下に3個ブロックほど隠れてるんです)、右下:筑前煮(っぽい)。
ご覧頂くと分かる様に、たくさん沢山の種類の食材が使われています。さすが栄養管理士の方のメニューですね。
私は食べきれず、3分の1ほどお持ち帰りしました。
あ、この他、テーブルにはゴマ塩が置いてありまして、自由に使うことが出来ます。私は小さな入れ物の半分ほど使ってしまいました。
玄米ご飯とゴマ塩って、本当によく合います。かみかみかみかみかみかみ、、、していると、その味わいが何とも言えません。


そして、帰りがけに「豆腐入りワッフル」を購入したのですが、写真撮る前に食べてしましました。(次回はぜひご紹介したく。。。)

10月 30, 2012  | Category: 市井の食事情
 先日から何だかいやにラーメンが食べたくなって(こんなのは十数年ぶりですね)、千代田線、小田急線、南武線に乗って帰宅する間中、いろいろなラーメン店を検索してました。
結局自宅近くの駅に着いてしまい、以前からちょっと気になっていたラーメン店に初めて行ってみました。

ネット上では「無化調」と書いてあります。ふむふむ「化学調味料使ってない」ことを「無化調」と言うのだな、と1つ勉強しました。

☆外観です。

☆無卵麺、自家製麺、天然和風だし、と年季の入った木製の、、看板(これってなんていうのでしょうか。。。)が店の表の壁に掛かっています。


☆メニューは基本しょうゆとしおの様です。ネットではあぶら麺がお勧めと書いてありました。。


☆普通のラーメンに魚介の味を多く加えたのが、この「魚濃出汁」だそうです。


☆お店の中には、合盛つけ麺の写真がありました。赤い麺は唐辛子の粉をかなり沢山練り込んだものだそうです。


☆調味料がいろいろ。左下は食べてもよく分からなかったのですが多分フライドオニオン系。右は明らかににんにくスライス。これは一枚口にしただけで痛いほどにんにくの味が伝わるツワモノ。


☆まずは注文したメンマが無造作に出て来ました。


☆本当は青のりざるつけ麺を注文したのですが、「それね、寒くなってきたし、作っても出ないと捨てなきゃいけないからね。。」とおじさんが優しく「無い」出しをしてました。
で、魚濃出汁のしおを注文しました。これですっ!!
花のニンジン可愛いですね。メンマや海苔が載っていなければ、で、器にラーメン模様がなくて、ラーメンのスプーンがなければ、ラーメンとは思えない。(ていうか、ほぼ全てのアイテムがラーメンを語っているじゃん、なのですが)
お味はめちゃくちゃマイルドでしお味が全く感じられないほどです。温まります。。うれし。。(今日寒いし。。自転車だし。。。)
そういえば、以前に風邪をひいたと思ったらすぐに「豆腐チゲ」を食べて直していたことを思い出しました。そういえば最近風邪ひかないなぁ。。。
もっと以前の事を考えると、大学生時代は毎年誕生日近くなると必ずひどい風邪をひいて身体がリセットされていたのですが、最近そんなことは全くない。これって身体の自然治癒力が低下しているんじゃないかなぁ。。。。(とちょっと、考えてしまう)


☆麺です。細め、、かな。。やはり卵が入っていないからちょっと白目ですね。
と思って、おじさんに伺うと、「いや、子供さんなんかでアレルギーの人がいるから、うちの社長がつくってんのよ。正直言ってうまくないね。うどんみたいだよ。」
って、ことで、これは卵入り麺らしい。


☆面白いもの発見。洗面所の蛇口の栓ですが、この左のでっぱった棒を下にまわすと水が出ます。出しすぎないように行き止まりがあります。
なかなか良い考えではありませんか。初めて見ました、この仕掛け。。。ふぅぅぅんん。


☆そして、社長のこのみでしょうか。壁にはこんな可愛い焼き物が埋まってます。


☆近くで見るとこんな感じです。


さて、優しい味のラーメンスープでおなかいっぱいになって、温まって、帰途に就いたという訳です。




Category: 市井の食事情
10月 28, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
本日遂に、健人米(オルガ米)が届きました。

☆じゃん!!これがまぼろしの(?)健人米5kgパックです。
へぇー、特別栽培米扱いなのですね。。。


☆お米自体はこんな感じです。粒は特に大きいことはないと思います。しかし、ちょっとふっくらしている感じがします。気のせい?
しかしながら、改めて玄米って美しいです。フランス語で「riz d'or」(黄金の米)と言われる、そのままです。


☆圧力釜+中釜(カムカム鍋)で炊きました。お米一粒一粒が生きているという感じがして、美しく、神々しく、可愛く、美味しそうです。


☆そして、今マイブームの梅干しおにぎりで頂きました。
その効果ですが、やはりポジティブになりました。(というのは同じエネルギーを含むお水を飲んだとたんにポジティブになったからなんですが。。。)
非常に慎重にその効果を観察したのですが、ええ、明確にポジティブになりました。エネルギーの不思議。。。なぜかなぁ。。。


10月 28, 2012  | Category: 自然食的な生活
 本日多摩市ゆう桜丘センターで国際交流イベントがあり、行ってきました。ブルガリア文化との交流イベントです。
http://www.mfa.bg/jp/76/pages/menu/508
屋内でのイベントで(雨もふってましたので丁度よかったかと。。。)、なかなか面白ろかったです。

☆まず、会場の概観。(結構行きにくい場所にあるのですが、緑がいっぱいで気持ちが良いです。)

☆入口には「琴欧州」の等身大パネルが。そっかー、ブルガリアと言えば彼なのですね。
写真ではよく見えませんが、明治乳業の宣伝もありました。


☆ちゃんと、ブルガリアデイの看板も。


☆中に入ってすぐのロビーに会場が設定されていて、既に参加者でいっぱい。


☆そしてパネル展示もあり、ようこそブルガリアへという最初のパネルにはこんな素敵な写真が。有名な僧院のようです。

☆駐日ブルガリア大使館の方の「ブルガリアへのバーチャル旅行」の講演。ブルガリアの古い家です。


☆秋もとっても美しく黄金の色合いになるそうです。


☆バラフェスティバルの様子。バラは全国で栽培されているのではなく、特定の地域「バラの谷」で集中的に栽培されているそうです。


☆ブルガリアは、ヨーロッパで最も古くからワインを製造している地域の1つだそうです。


☆黒海沿岸のリゾートもヨーロッパ中からの観光客でにぎわいます。


☆そして、ブルガリアから訪日しているバイオリニストの演奏。ちょっとジプシーバイオリンの様なセンチメントをくすぐる音色です。


☆右が着任14日目の駐日ブルガリア大使、そしてその左が文化担当者(大阪外国語大学で日本語を習得した方)です。
ブルガリア文化講演はこの方が行い、講演の最初に「ここは東京多摩市なので、大阪弁ではなく標準語で行います。」とおっしゃってました。すごっ!!


☆続きましては、ブルガリアの民族音楽あんどダンス。結構激しい動きでステップもめちゃ複雑。私達が慣れている2拍子とかでなく9拍子とかあるそうです。


☆大使も一生懸命聞いていらっしゃる。


☆このグループは、もともと大学のフォークダンスクラブに所属し、その後ブルガリアフォークダンスに特化していった方々だそうです。


☆ICU[国際基督教大学)卒業後、ブルガリア商品(バラ関連が多いらしく)の輸入会社を興したブルガリアの女性。「ブルガリアン・ブルー」という著書もあり、売り切れていて今はAmazonの中古しかないそうです。




この後、大使館の方々やバイオリニストとお話をして、いろいろとブルガリア情報をゲット。そして、ネットワークを築くことが出来ました。

☆第2部は、ブルガリアワインとお料理。
ショプカ・サラダが美味しそう。。。。ラップが掛かっている「フライド・ミートボール」もあります。


☆ポテトとひき肉のムサカ(黄色いやつです)。
その他、タラトールという冷たいヨーグルトスープもありましたが、この原材料を伺うと「きうり、クルミ、にんにく、ヨーグルト、ハーブ類、ディルの葉」
すごいベジタリアンスープですね。ブルガリア人の方をお話したら、このスープはブルガリアでは夏は毎日飲むそうです。



☆在日ブルガリア人の学生のご挨拶がありました。
この後、彼の友人(スペイン人、アメリカ人、日本人)が何故か、次々と挨拶してました。?????



10月 27, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
つ、ついに健人米を購入出来るようになったようで、今年のお米を購入しました。

@マイクロウェイさん:http://www.e-coop.co.jp/sh3orga.htm

多分今はここでしか購入できないのではないかなぁ。。

このお米が作られたオルガ農法の創始者の佐々木健人さんにお話しを伺ったことがありますが、オルガランドという特別なエネルギーが込められた農業用パウダーがあり、これを使ってお水を沢山沢山与えて作物を作るそうです。
また、例えば牛フンなどそのまま畑に撒いて肥料に出来るそうですが、私は農業の素人でよく分からないのですが、これってすごいのだそうです。通常の有機農業では牛フンなどを堆肥にする場合はそのまま畑に撒けないのだそうです。

明朝配送されますので、お米の写真を改めてアップしたいと思います。

そして、頂いた後の感じもお伝えしたいと思います。




10月 25, 2012  | Category: 本サイトについて
本サイトに関するフィードバックやご質問は、以下のアドレスにお送りください。
出来る限りご返信します。

sanus.cuisine(at)gmail.com (at)を@に変更してください。

TANZ

10月 24, 2012  | Category: 自然食的な生活
さて、ここしばらくおにぎり(特に梅)に傾倒していましたが、やはり美味しいパンが食べた~~~~~ーーーい、となりました。

そこで、さっそくSoLalaさんに行って調達しようと考え、お天気も最高なので、マイ電動バイセクルでお出かけ。

しかし、赤ずきんちゃんの如く、途中で寄り道。
あ、そうだ、今日は水曜日だから、わくわくカレーハウスがオープンしている、しかも今11時過ぎだから、きっといつもすぐ売り切れてしまう野菜カレーがまだあるかもっ、、、と思いついてしまいました。

☆じゃん、新しい看板が出てますね。わくわく。。


☆おーっ、季節の野菜チキンカレーや稲城カレーなる、新たなメニューもあるらしい。


☆このアイビーが絡まる緑たっぷりショップの概観も嬉しいですし、中ではスロージャズやボサノバがかかっています。
まずは予約をして、12時過ぎに受け取りに伺うと、お客様でいっぱいでした。嬉しいですね。


☆今日は、野菜カレー2つ(ついにゲット出来た)、タイカレーのレギュラーとマイルド1つずつ。ルーだけ頂きました。
タイカレーはエビとチキンを抜いて頂きました。(最近はとってもべジな気分ですし、昨日はちょっと魚介類を頂いたし。。。と思い)


☆そして、本日はついに実体験出来る野菜カレーを頂きました。
多分、稲城産の野菜がふんだんにつかってあると推察します。っていうのは周りには農家がいっぱいありまして、軒先で無農薬・有機のお野菜をいろいろ販売しているからです。
(もちろんですが)市販のルーの様なものが全く感じられず、小麦粉のどろっとしたところがなく、ニンジン・玉ねぎなどが細かく処理されて、その他長いも、しめじ、黄ピーマンなどが入っています。
スパイスがよく効いていてとっても美味しい。デザインしている方もカレーをよく知っている方だと思います。
パスタは全粒粉50%のスパゲティです。


☆稲城には、自然酒を購入出来るスーパーマーケットだってあります。
矢野口駅前のお店では、仁井田家の自然酒がいつでも買えます。しかもベルギーのシメイビールだって2種類常備されています。


☆そして、本命だったSolalaさんのパンです。全て私がラブラブの全粒粉20%入りです。うぅうぅうぅ、明日の朝が楽しみです。


☆その他、近くの農家で、季節の柿と、定番品玉ねぎを買いました。100円玉が足りなくて、生ピーナッツや柔らかくて美味しそうな小松菜は買えず、残念。






10月 22, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
 作日に続き中央本線に乗って、本日は上野原に行ってきました。
こちらには、「心の酢」をつくっていらっしゃる戸塚醸造店があるからです。

戸塚醸造店:http://www.komesu.jp/

14:00に上野原駅に着いたのですが、もうバスはなく、タクシーで行きました。運転手さんは「ああ、お酢屋さんなら分かるよ」と。(よかった。。)

ちょっと分かり難いところにあり、お店っぽくなかったので、結局タクシーの運転手さんに連れて行って頂いてよかったです。

そこで購入したのがこちらのお酢類です。

☆右から、「心の酢」、「葡萄の酢」、そして「ゆず酢」です。


さて、原材料は「心の酢」は、有機栽培米100%です。美しい色のお酢です。
「葡萄の酢」は、山梨県産ブドウ果汁と心の酢。ジュースの様に飲めるお酢飲料です。ジュースとしても頂けるおいしさ。
「ゆず酢」は、長寿の里棡原(ゆずりはら)で育った肉厚で香り豊かなゆず(農家の庭先で出来たもので農薬などは全く無しとのこと)と心の酢です。素晴らしい香り立つゆず酢です。

ご主人にお話をいろいろ伺いましたが、化学アレルギーの方からのお問い合わせなどがあり、冷蔵庫など電化製品は全く使わずに生活しなくてはいけないほど敏感なアレルギーがあって食べ物にもいろいろ苦労されている方が、ここのお酢を食べても全く大丈夫だったとのこと。。

すごいなぁ。。

10月 21, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
 今日は、藤野にあるシュタイナー学園の学園祭にちらっと寄ってみました。(という割りには、1時間以上かけて訪問したのですが。。)
(シュタイナー教育とは:http://steiner.rakusai.org/gakko/index.html


藤野駅の着くとすぐにバスがあって、山道を走ること15分ほどで到着しました。バスの乗客はほぼ全てシュタイナー学園祭訪問の方々でした。

☆到着すると、門のところに学園祭のバナーが。。奥に見えるのが校舎ですが、これは元地元のの小学校だった校舎を旧藤野市から使用許可を得て使用しているそうです。
学園を作る町を探していたところ、なかなか良い場所がなく、しかしながら藤野市が大変快く受け入れてくれたとのことだったと思います。



☆ちょうとお昼になったので、何か食べたいと思って校庭をうろうろしていると、まず目に入ったのが、こちら。
モッチーニ・キム・・・・餅ピザの様ですね。ピザは普通すぎかな。。と、ふとこの黒板の左下を見ると、牛製品使用と書かれています。これって普通の学園祭模擬店では見られないですよね。シュタイナー学園ならではでしょう。。。と、やっぱシュタイナー学園だ。。。と痛く実感。


☆すると更に、普通の学園祭では有り得ないようなお店が。。ベジラーメン!!!お店の名前は「イケ麺」でした。
卵・かんすいつかってません。車麩のチャーシュー風、、、、なんてステキな。。。早速ちゅーーーもん。
(ここまで写真を撮ったところで、写真は学園の広報の方のみです、と言われました。よってこの後、お店の写真無しです。いろいろと面白そうなお店があったのですが、残念!!)


☆こちらがそのベジラーメンです。車麩のチャーシュー風は、中華香辛料がほどよく効いていて、ラーメンをラーメンらしくしています。
揚げ玉ねぎもなかなかぐっど


☆新しい校舎が出来たそうで、入口から中を見るとこんな感じでした。
実は私はずーーーーーーーーーーーーーっと以前にスイスに住んでて、その際にシュタイナー教育の大元の学校を訪ねたことがありました。とっても似てます。壁が淡い色が塗られてるところが特に。スイスはもっといろいろな色が使われてました。面白かったのは真っ直ぐ平行な線がないところでした。ですから、平衡感覚をちょっと失ってしまうような。。。


☆さて、帰りがけに、チヂミも購入。包まれているペーパーもちょっとブラウン色で、多分無漂白・リサイクルの紙かな。。


☆1時間ほど、いろいろ展示物も拝見して、さて帰宅の途に。。
学校を出た直ぐのとことに、こんなオブジェが。藤野町は以前に芸術家を沢山受け入れたそうです。その方々の作品のようですね。町のいたるところにオブジェが見られます。


☆門の外を少し歩くと、学園祭便乗(?)のお店もありました。
全て無農薬、肥料もやっていないという野菜や、それらを使った食品類(定番の佃煮、梅干しから栗の渋皮煮なども)。。。
「私がアレルギーがあるからね。。。」というお店のおばさん。。。タバコをしっかりと吸ってましたが、大丈夫なんでしょうかね。


☆学園の面白い形にドーム。。何に使うのかな。。。校庭には生徒たちが作った小さな家もありました。


☆そして、藤野駅に戻りましたら、こんなお店が目に止まりました。何屋さん???と思ってよく見ると、「横山薬品改メ シーゲル堂」とありますので、薬屋さんらしい。
しかし、琵琶を弾いて踊っている人はどは何を意味するのかなぁ。。。


☆そして、藤野駅の近くには自然食品店もありました。手作りが前面に出ているお店です。いいなぁぁ。
左の絵のおじさんがお店のご主人の様です。中に入るとそのご主人らしき方がレジにお座りでした。この絵より全然普通でしたよ。


実はシュタイナー学園の先生や子どもたち、学生はどの様な人々なのだろうかと思い、もしかしたらオタク、変な人、、変わった人、、いやにおとなし人達??
と、ちょっとドキドキしながら、門をくぐったのですが、印象は「とっても感じが良い、清潔、幸せそう。。柔らかい。。」と、非常に好印象を受けました。普通と違うというかおかしな印象は全くなかったです。

町中でときどき見聞きする、どぎついことやハイパーな喧騒がなかったのも印象的でした。

シュタイナー学園、なかなかいいなぁ。。。

とっても気持ちの良い訪問となりました。



10月 20, 2012  | Category: 自然食的な生活
 お昼に何を食べたい?とお腹に訊いたところ、「お蕎麦」と答えが返ってきたため、近くにあるお蕎麦屋さんを検索し、南武線矢野口駅前の「あかりや弧仙」を目指しました。
☆ほい、ここです。営業中でよかったす。


☆で、中はお蕎麦屋らしい、すっきり、涼し気な雰囲気。
しかしながら、バックグランドミュージックに、軽いボサノバがかかってます。これってお蕎麦屋にはめずらしい。
出来たら、内装もお蕎麦屋風を脱して頂けるともっと面白いのでは?と思うのは私だけ?
更にお店の方々は、私が苦手な「お蕎麦に関しては口うるさそうなおじさん」などではなく、若いご夫婦のようす。
ほっ、とりあえず安心。



☆さて、メニューを拝見すると、秋新そばの季節の様です。えと、北海道産だそうです。


☆メニューはというと、まあだいたいいつものお蕎麦ですね。
でもこれって意外に重要、、かな。。。。。
例えば、私は今日ちょっと暑いから、涼し気なせいろ系を食べたいなぁと思っていても、それがなければちょっとショック受けるかも。。
う、う、しかしながら、なくてもそれはそれで面白いと思えるかもしれない、とも思える。。。。。う~ん、結局どっちでもいいのかなぁ。。。



☆温かいお蕎麦もいつものメニューが。。


☆コース料理もあります。


☆そして、こだわりって今重要なようで、こちらにもこだわりがあります。
ふむふむ、石臼挽き自家製粉と天ぷら油などについて、情報提供されています。


☆さてさて、まずそば茶と揚げ蕎麦が運ばれてきました。


☆それから、薬味。。わさびの色が淡くて可愛らしいです。


☆そしてまず、注文した二色そばの芥子切りそば。芥子ってなんだい?っと調べると、、、、あれ、Mastardなんですね。ふ~ん。。。
非常に涼し気な味です。。(見るからに半透明で涼し気です)


☆さてさて、普通のせいろ。あれあれあれあれ、なんだか、太さが同じで、見た目は手打ちには見えないですね。
ふむふむ。。。新蕎麦。。。なるほど。そうかもしれないなぁ。。。


☆そして、そば湯。。入れ物が陶器です。しっかりした陶器。温度が保たれていいですね。


☆そして、レジにはこんな可愛い、、、って、左のちっちゃい栗らです。かわいいよぉ。。


ってことで、ちょっと急いで食べてしまったので、次回はもっとゆっくり味わいたいなぁと思いました昼食でした。





10月 18, 2012  | Category: 自然食的な生活
ふと見上げると、秋の空が。。。
null

季節は巡り巡って、今年ももうすっかり涼しくなりました。

先日は、郵便局から年賀はがきのご案内が来ていて、そんな時期になったなぁと、寒い季節への心の準備が促されました。


10月 17, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
 成城石井に行くと、つい何か購入してしまいます。(という方、多いのでは?)

今日は新宿ルミネ地下の成城石井につい寄ってしまい、「樹上完熟有機マンゴー」の瓶詰めを見つけてしまいました。

☆じゃーん!!これです。樹上完熟、しかも、有機! なんてステキな
甘いフルーツを食べたいなぁ、、とちょっと思っていたので、最適です。


☆しかも、砂糖を使わず、有機マンゴージュース漬け!!
スリランカのものの様です。


☆とろ~~~り。。と。。見た目は黄桃の缶詰の様ですね。
漬けているジュース自体がとろ~~り、かなり濃厚。でもお砂糖使っていないので、甘っ!!と身体が驚く甘さは全くありません。
マンゴーの果肉がちょっと柔らかくて、生マンゴーの食感が無くなっているのが少し残念ですが、こんな商品が出てきたのですね。。


お菓子作りが好きな方もとっても、とっても嬉しい商品では?

10月 12, 2012  | Category: 市井の食事情
本日神谷町の会社を訪問していて思わぬ時間が出来たので、辺りを探索してみました。

☆さて、まず「チョコクロ」を売り物にしているフランチャイズのカフェで、「塩大福」チョコクロが登場。
しかも季節限定。。どんなお味か、ちょっと気になるアイテムです。


☆次に目に止まったのが、吉野家のこの看板。「必旨」って。。。
「激旨」「超旨」とかはありましたが、この「必旨」は初めて見ました。次はどんな「x旨」が出てくるのでしょうか、楽しみです。
考える人達も大変だなぁ。。。


☆少し歩くと、「オクトーバーフェスト」の文字が目に止まりました。そう言えばそんな季節になりました。


☆入口にはドイツビールの瓶が樽の上に並んでます。


☆ドイツ語の名前のバーです。Franziskanerとはミュンヘン辺りのビールの名前の様です。


☆さて、東京タワーの方に向かって、もう少し歩くと、こんなお店が。。
焼き鳥Meetsワインだそうで、へぇ~~、合うのかな。。。


☆お店は、こんな今っぽい感じです。表のテラスでの立ち飲みだと、飲物全て300円と書いてあります。


☆そして、各種親子丼も提供している様です。


☆次は、、、、、と、トコトコ歩いていると、こんな黒板が。。。???何の店かい??


☆お店の中を覗いてみますが、メニューがはっきり見えず、よくわからない。


☆改めて通りに戻ると、こんなポスターが。。へぇ~、メキシコフードの様です。


☆なるほど、確かにメキシコのソールフードですね。
最近メキシコを訪れた友人曰く「タコスとかサルサソースとトルティーヤチップとかしか、食べるもの無いし。。。」だそうです。


☆何が、Are You Ready ?なのか、よくわからないが、多分テキーラとか飲もうぜってことなのでしょうか。


☆そして、お隣りに同じ名前のこんな明るいお店が、、同じコンセプトのインテリアショップ?と思ったら、オフィスの様で、皆さん仕事してます。
この会社がお隣りのメキシカンレストランを経営してるのでしょう。。


☆そして、更に坂を登って行くと、とっても地中海っぽいレストランが。。(ギリシャのミコノス島の様な青と白って、やっぱりいいなぁ。。ヨーロッパ文明の発祥地に思いを馳せてしまいます。)
中ではお店の方々が仲良く一緒に、遅いお昼を召し上がってます。


☆そして、この様な珈琲店も。。「只今おいしい珈琲を焙てております」と書かれていて、しかも地下に入る階段がとてもそそられます。


☆しかも、こがしアップルパイ(タルオタタン)が焼きあがったところだそうです。(う~ん、う~んと、この前を右左にうろうろしてしまいましたが、まだまだ発見はあると思うので次へ)


☆ふと見上げると、こんな変わったビルが目の前に。。そう言えばずっと以前からあったけど、今何だか気になる。そう言えばフリーメーソンの東京ロッジのこの辺りにあったはず。
そこでウェブ検索すると、株式会社ノアビルという会社が持っているビルのようです。(http://www.noa-building.co.jp/



☆駐車場に入るところも、なんだか、ディズニーランドなどのアトラクションの入口みたいです。


☆テナント募集してます。ご興味のある方はどうぞ。。。この直ぐ横におじさんがずっと立っていて、私がこの看板の写真を撮ると一礼してくれました。
ここのテナント募集担当の方??


☆さて、ノアビルの角を東京タワーの方に向かうと、、、、あ、あ、ありました。フリーメーソン!!


☆入口は厳しくアクセス制御されてます。


☆むりくり、中の怪しい図柄をキャッチ!!
しかしながら、実は数年前、この中に入ったことがあります。コンサートがあり、コンサートの後で、礼拝堂みたいなところをチラ見しながら、地下のホールでフリーメーソンメンバの方々と楽しく(?)対談しました。
私の友人(オーストラリア人女性)は、なぜフリーメーソンに女性はいないのか、、と迫って質問していた様に思います。答えは女性もいるということだった様に思いますが。。

☆同じ敷地に、どうやらフリーメーソン所有らしきビルが2つ建ってます。


☆そして、更に東京タワーに向かって歩いて行くと、えーーーーーーーーっ!!??
通りに面したビルの一面がこんな感じにデザインされているビル。これはとっても珍しいです。本当の植物が植わってます。
一階はお花屋さんのよう。


☆更に更に進んで、東京タワーの向かい側には、この様なレストランビルが。
何だか、このビル全体がレストランになっている様な。。。多分。





☆入口には「Restaurant & Bar」と書かれてますね。


☆このビル名は、「The Place of Tokyo」です。あまり特別な名前には聞こえませんが。。


☆一階のお店の入口は別にあり、、


☆ティータイムだったらしく、お茶のメニューが出てました。特別な紅茶が飲めそうです。


☆そして、ついでに東京タワーにも寄って来ました。
あれ、こんな記念像が。。南極探検隊のタロー・ジローのお話ですね。改めて南極で餓死した探検犬のご冥福をお祈りします。


☆やはり撮らずにはいられません、東京タワー。そびえ立ってます。


☆中には東京23区で一番高い場所にある神社があるそうです。知らなかった。


という訳で、いろいろな発見があり、時には、(寺山修司さんの)「書を捨てよ町へ出よう」と改めて思った散歩となりました。


Category: 市井の食事情
10月 11, 2012  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
本日(2012年10月11日)夕方、少し時間が空くので、大久保にある菜食健美レストランを訪問してみたいと思います。

http://www.daisho-kikaku.com/shopList/tokyo.html

訪問記は追って。。。

えと、曜日・時間はOKかなぁ。。
あ、ディナータイムは木金のみとあります。
ホォっ。。ちょうどよかったす。
-------------------------------

と予告しましたが。。。。残念!!無念!!

夕方に先輩から電話があり、「今日たまたま時間が出来たから、」と言われ、まあ、お世話になった先輩だから、しょうがない、付き合ったやるかぁ(上目線。。)ということで、そちらに行ってしまいました。

でも、後日絶対に行きたいレストランです。

10月 08, 2012  | Category: 自然素材の安心料理
渋谷駅から歩いて5分位のところに、Yaffa Organic Cafeがあります。
http://www.yaffa.jp/

表参道から歩いて渋谷まで行き、その間裏道を通ったのですが、もうほとんど全てお店で埋め尽くされているのに、びっくり。

一方、渋谷から恵比寿方面に向かう辺りの裏道は、まだまだお店が少なく、しかも渋谷と恵比寿に近いので、お店を出したい人には穴場かな。。と思いました。(余談ですが)

☆さて、やっとお店を見つけました。外観全体はこんな風のすっきりとした感じ。


☆メニューが黒板に書かれています。(今時のカフェ風)


☆表のテラス席のソファは、ゆ~~~ったり。。ここでアグラかいても良い感じ。


☆お店の中。


☆同じくお店の中。


☆15:00以降のメニューです。装丁が白い布なので、かなり汚れてます。かなり使っている感じです。
しかし、私は全くこのカフェを知らかなったので、果たしてそんなに古くからあるカフェなのか???といろいろとクエスチョンが頭に持ち上がる。
その解答は後で。。


☆とくかく、店名の通り、オーガニックにこだわるカフェの様です。
へぇ~~、オーガニックジンやオーガニックウォッカ、オーガニックラムまであるんだ。。。と感心。。すどいなぁ。。
どこの国のプロダクツなんだろう。。。とちょっと興味が湧き調べたんですが、産地はすぐには分からず。。。


☆メニュー。。。やはり有機にこだわっているのが分かります。この中からオリジナルのものでお店の好みや味付けがよく分かるディッシュをと思い、ピクルスを注文。


☆メニューの続き。(この後もメニューが続きますが、省略)


☆食材のこだわりが、メニューの最後に書かれてました。本当に、ほんとうに、、有機にこだわっていらっしゃることが分かります。
ある意味、というか、本当にすごい!!あとでお店の方とちょっとお話した処、野菜は基本ナチュラル・ハーモニーのもの、お米も同様だそうです。
これもすごい。


☆最初に注文した豆乳のチャイ。
「あの、お砂糖無しでお願いできますか?」とお願いしたところ、「お砂糖は入っていません」というお答えが。。。うれしっ!!
でも、お砂糖を別途(為念)持ってきて下さいました。(オーガニック、自然食フリークの要望がよく分かっていらっしゃる。。。さすがです)


☆ポットの下敷きと熱くなる取手カバーがとっても可愛い。下敷きはフエルトで、取手カバーは紺とエンジ色のウール布の手作りで赤い縫い糸の(写真では見えないが)がちょっと見えて、それがまた可愛い。


☆有機紅茶。茶葉はくるくる丸まったタイプです。


☆おてふき(ペーパー)も多分オーガニックなのでは??色が薄い茶色です。


☆そして、自家製ピクルスです。
イタリアンスタイルピクルスの場合、甘~~~い場合が多いので、50%の確率でそのタイプであると思いましたが、その他50%のタイプで、しかも酸味が爽やかで甘いと思わせない程度の砂糖が使われているタイプです。
ちゃんと考えて作っていらっしゃるのだかなと、またまた感心。


☆ピクルスに、こんな野菜があり、食べても食べても何の野菜か分かりません。セロリ?見た感じはセロリッぽいが、食するとセロリのシャキシャキは全く無く、フワフワスポンジ風。でもセロリって特別な漬け方するとこんなになるのかなぁあ。。。。
あるいは白菜の太いとこ?でもそれにしてはこんなに細い感じにならないし。。。と悩みに悩んだ結果、お店の方に質問!!
と、「といもガラです。」とのこと。「そ、そ、それって普通の野菜なんですか。」と更に質問(良く考えると変な質問、普通の野菜って?)。すると「いいえ、私も初めてで、ナチュラル・ハーモニーさんが持ってきてくださったので。。。」とのこと。
早速Web検索しますと、「東紀州ではトイモ、中勢地域ではハスイモと呼ばれる里芋で、芋を食べず青い茎を食べます。東紀州では酢の物のことを「酢もみ」と言います。味噌汁に入れたりもします。あくが強く、揉むと手が痒くなることがあります。乾燥させて保存し、水で戻して煮物にするとシャキシャキとした歯ごたえがあります。また東紀州は魚が多いので、なます、瓜やきゅうり等の酢の物には、必ず魚類を使います。あじ、さんま、いわし、たちうお、こはだ、さばなどを塩じめ、酢じめをして入れたり、とんぼしびを酢でしめて入れる。その中で、なまり節(生節)は、かつおを茹でて半乾燥したもので、保存食品です。なまり節は保存が利くので忙しいときや急ぐときに重宝し、東紀州では日常的によく利用します。」と、あるサイト(https://www.chisan-chisho.net/mie/bin/recipe/see_more.cgi?c=123)にありました。


そして、最初から疑問に思っていた、お店のお名前について伺いました。
「あの、Yaffaという店名からすると何かイスラエルに関係しているのですか?(何故って、Yaffaってどこからどう聞いてもヘブライ語だぞぉ。。。っとイスラエルに一年住んでいた私はピンと来て、絶対オーナーがイスラエル人だな、と思っていたのです。)」
「え、Yaffaってイスラエルと関係あるんですか?」と逆にびっくりされ、具体的にどう言う意味だったとかどこで使われてたかは忘れたので「は、はい、たしか、地名とかにも使われてると思います。」と私。
「イスラエルとは全く関係なく、このお店が十数年前に出来たときは美容院とコラボしていて、コンセプトとしてニューヨークのYaffaちゃんという女の子を想定して、外見も身体の中からも美しくなるというストーリー仕立てを間得ていたので。。。」ということです。

☆Yaffaちゃん、いました。(トイレの中)
なあほど。。。


というわけで、意外な発見が多かった「Yaffa Organic Cafe」で2時間ほどゆったりと過すことが出来た週末でした。














10月 01, 2012  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 国立に本店があり、立川店がクローズしてしまった健福(中国菜食料理レストラン)が六本木にオープンしたそうです。
http://www.nakaichifu.jp/user_data/home.php?top=shop-info&sub=&html=&site=home

高級感漂う内部です。

おすすめは「漢方ラーメン」なのですが、ここのメニューを確認したところ、無い!!??
無い??無いです。残念。

MeetUpビーガングループが、10月8日にビュッフェを開催する様です。

http://www.meetup.com/vegan-389/events/84901912/?a=ea1_grp&rv=ea1&_af_eid=84901912&_af=event

本サイトの以下のページに取材記事があります。その他、「世界の精進料理」で何度もレポートしています。
http://www.xn--qev81x08bl2vv70a.jp/index.php?blogid=1&archive=2010-11&catid=1







583236