March 17, 2013  | Category: 市井の食事情
 先日はたと、お味噌を長らく食してないと思い、以前にお味噌を食べなくてはと思い立つと味噌ラーメンで供給していたことを思い出し、久しぶりにその手でいってみようと考えました。

その時にいたのは八王子で立川方面に向かっていて、いろいろ検索して、立川にラーメンスクエアがあることを思い出し、行ってみることにしました。
ラーメンスクエアは、立川駅南口からペデストリアンブリッジで繋がっています。(ちょっと分かり難いので、駅で確認すると良いと思います)

☆時間も平日の夜9:00近いので、中に入ると、意外にがらっとして、お客様もあまりいない様子。そして中央にこんなスペースが。。。でも特にイベントもやってませんでした。


☆そして、目的のお店「魚魚」へ。う~ん、やはりこの優勝ラーメンを食するべきだろうか。。。


☆各種メニューの写真です。う~ン、やはり初志貫徹と言うことで味噌ラーメンをチョイス。


☆独自の調味料があります。左の「柚子ねり七味」、も試してみたいです。


☆三種の古式醸造醤油をオリジナル配合した魚魚しょうゆ、気になります。


☆天然着色の無添加、紅ショウガは嬉しいです。(くら寿司のガリも嬉しいですが、紅ショウガは砂糖が使われていませんので、こちらの方がベターかな。)


☆焦がし煮干しラーメンの指南書なるものが。。いろいろと食べ方が書かれています。ふむふむ。。


☆より詳細な情報が。。「立川中華そば」喉が渇かない本物の中華そばの、有機丸鶏ってなんでしょう。
化学調味料も、なんと砂糖も使っていない。これもいいなぁ。


☆サイドメニューもあります。


☆替え玉もあり。100円です。(替え玉って、つまりおかわりってことでしょうか。)


☆化学調味料を使わない理由が書かれています。(下の方)


☆そして、こちらが味噌ラーメン。
うーーーーーーーーー、すっごい油です。油たっぷりのお肉をミンチにした様なものが大量に入っています。
私の唯一食べらられない油肉が大量にはいっていて、しかも味噌スープに完全に一体に溶けているので、味噌スープだけを飲むわけにもいかない、、という大変な事態になってしまいました。


ちょっと、私的には大失敗の巻でした。

☆お箸は、ラーメン専用のすべりにくいお箸です。


☆シゲキMENというのがあるようです。スパイスを練り込んだ麺。。う~ん、気になります。でも辛そうですね。


☆お店を出てから、この看板に気付きました。すごい、平飼い有精卵だそうです。次回にはぜひ。


☆えーーー、ライスが無農薬7分搗き玄米ですと。。旬の有機青菜。。。意識がいちいち高い!!


☆そして、もう一軒気になるお店のメニューをチェック。最初の天然塩ラーメンが気になっています。


☆麺も手作りの様ですね。


☆お店のご主人のフィロソフィーが書かれています。


ということで、意外にのんびりしたラーメンスクエアでした。(多分、休日はすごいのでしょう。)

Category: 市井の食事情
March 14, 2013  | Category: 市井の食事情
新宿西口地下街京王モールにある謝朋子殿粥餐庁(かゆさんちん)さんで、いつもの坦々麺を頂き、ゴマを補給したいと思いましたが、行列(数人でしたが)が出来ていたので、その向かいの讃岐うどん店に行き、新しいメニューに坦々うどんがあるのを見て、こちらで頂くことにしました。

☆サイズが選べたので、小サイズにしました。確かに坦々麺ぽいです。
すり卸し生姜を沢山載せました。(自由に盛ることが可能)
お味は、うどん汁に坦々麺風のテイストが加味された感じです。なかなかいけます。美味しく頂きました。


ゴマ風味は、普通の坦々麺より、ずっと少ないです。
思いっきりゴマを利かせたものより、こういう方が好みの方もいるかと思いますので、これはこれで有りと思いました。




Category: 市井の食事情
March 13, 2013  | Category: 自然栽培・不耕起
 寺田本家さんから、自然酒の古酒が販売されています。
寺田本家:http://www.teradahonke.co.jp/>メニューの自然避けカタログ>上のメニューの「新発売懐古酒」

、、、、ということで、早速購入してみました。

☆懐古酒という名称がついていて、こちらが、そのお酒です。
サイトの説明文には、「懐古酒とは ~五人娘を10年以上寝かせました。
五人娘は無農薬米を原料にした昔ながらの生もと仕込みのお酒。その原酒を長く寝かせて熟成することでより味わいが深まり、古酒ならではの豊かな香りも相まって独自のお酒の世界へと昇華しています。懐古酒の名前は23代目が、過ごしてきた時間を美化してみようという意味で名付けました。」とありました。
23代目、一代50年としても、えっと、えーーーーーーーっ!!1,150年!?!?!
ってことは、863年以前から続いているってことですか。ってことは、平安時代ってことですか??

ちょっと調べましたら、806年に空海が唐より帰り、真言宗を伝え、その後高野山に金剛峯寺を建てる、874年にこのころ、国風文化がさかえ、「竹取物語」「伊勢物語」などが著される、という説明がありました。
なんだか、気が遠くなるほど前の話です。すごい歴史がある酒屋さんなんですね。


お味はというと、角がないまろやかなお味です。

☆すごいですね。平成12年製造のお酒ですから、13年前仕込んだお酒です。13歳ってことですね。


☆ちらしの裏にはいろいろと説明が。たしかにすっきり。後にも残らない感じです。







March 12, 2013  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 メニューにある全てのお料理を頂いてみたいと夢見て、再度訪問。

☆本日のメニューの看板。月ごとに変わる様なので、前回と変わりなし、かな。


☆前回は気付かなかったですが、テイクアウトメニューがあるんですね。このストロガノフは絶品です。


☆ほおぅ、ホールスタップ募集していらっしゃる。。。食事つきです。いいなぁ。。


☆階段には、カラフルなピース&ラブな絵画が。。


☆週末ランチメニューも前回と同じかな。


☆3月のパスタも同じはず。しかし、前回は注目しなかったので、ちょっと気になり。。
よって、Aの有機黒キャベツのアーリオ・オーリオ・ズッパのパスタを注文。ビーガン仕様です。
アーリオ・オーリオとは、ニンニクとチリを使ったペーストを意味するそうです。


☆スープは前回と同じ。(完熟トマトと豆乳のスープです)


☆自家製、天然酵母パン。すーーーーーーーーーーーーーーーーっごく、ふわふわです。グルテンがあまりないタイプの粉を使っているのか。。。
作り方を知りたいところです。
そして、何とこのパンはおかわり自由の様です。しかもおかわりをお持ちくだされるサービス方の手にはナプキンに暖かく包んだパン籠が。。


☆アボカドのコロッケ。中味はアボカドだけでなくジャガイモのペーストも少し使われている感じでした。ソースはバルサミコ酢、、かな。


☆そしてパスタ。。お野菜たっぷりです。カブの白い部分と葉の部分、葱、トマト、黒キャベツ、ケッパー、にんにくなどなど。。。
パスタはどこまでもアルデンテ。。


ロータス・フラワーズワンさんのお食事は、全体お塩が効いているので、ワインと一緒に、2~3時間掛けて頂くようなお料理だと思います。

お店には、週末によく合うボサノバとスロージャズの女性ボーカルの声が流れていました。



March 09, 2013  | Category: 市井の食事情
 初めて訪問したハノイの一般的な食事をご紹介

でもまず、トランジットの香港空港での軽食から。

☆これは、おなじみのエビの蒸し餃子。日本のと同じ味です。(笑)


☆これは、一緒に出張した方のラーメンとエッグタルト。エッグタルトは日本でも一時期流行りましたね。マカオのスペシャルティの様です。
これも日本のと同じ味(笑)


さて、ここからがハノイ。

☆これが宿泊したホテルの受付ロビー。元オフィスだったところを改装してホテルにしたそうです。
ホテルの部屋もそうですが、木材が沢山使われていて、とてもいい感じです。大きな壺もいたるところに置かれています。近くにこの様な壺の製造工場があるそうです。


☆さて、到着日の夕食で、これは、ブンという日本のソーメンの様な麺。初めて食べたベトナム料理。
油っぽくないのが、すごく嬉しかったです。香草のシャンツァイの香りも強すぎず、ちょうど良い加減。。。美味しいです。


そして、翌日、中心街でビジネスランチです。

☆こんな感じの、日本のどこにでもある様なカフェスタイルのベトナム料理レストラン。(右の男性は、お仕事御一緒したベトナム人IT技術者です。どんなプログラム言語もOKというすごい方。)


☆テーブルには、ベトナム醤油やチリソースなど、調味料が置かれています。
このベトナムのお醤油がおいしいです。原材料に大豆だけでなく、ピーナツやもち米が使われているかららしい。
しかし、ベトナム人に聞いても、「日本のお醤油と同じで、大豆と塩だけでしょ」と言うんです。
自国のものって、なかなか知らないものですよね。


☆これは肉野菜を載せた麺料理。(つゆが無いタイプだったかな?)


☆これは、ベトナムのオムレツの様な料理。レタス等にオムレツを挟んで手で頂きます。


☆これは、生春巻き。しかし、一番外の皮(ライスペーパー)が、完全に透明プラスティックシートみたいで、私は「え?これ本当に食べるの?」という印象を受けました。だって、口に入れてもなかなか柔らかくならない。。。(涙)


そして、町の様子はというと。。。

☆間口が狭く、中が細長~~く、、、という典型的なベトナムの住宅の様子。
たしか、京都も同じだったと思います。なぜでしょうかね。。。


☆旧正月が終わったばかりの時でしたので、まだ旧正月のお祝いバナーが町中に掛かっています。


☆とにかく、バイクが多い!!しかも、2人、3人、そして4人乗りもあたりまえ。法的には2人まではオーケーだそうですが。。


☆ハノイの街角には、この様な鳥かごの鳥がいたるところに見られます。(夜とかどうするんだろう。。。)


☆翌日の夕食は、とってもおされで、ゆったりしたレストランにご招待して頂きました。(いかにも高そう。。)
で、ご馳走にすっかり魅了されて、写真撮影をまったく忘れました。。。(涙)


☆ロシア産の赤ワイン、スパークリングタイプで、珍しいのでラベルの写真だけは撮りました。しかし、ロシア語読めない。。。(涙)


翌日の夕食は、お仕事で通訳をしてくださったベトナム人Huong(香)さんと2人で。。ホテルの近くのレストランに行きました。
ちなみに、ハノイで英語は全く通じないと考えた方が良いと思います。

☆入口がちょっと幻想的なレストランです。


☆窓から、外の池が見える、ロマンチックなレストラン。女性は香さんです。


お料理は全て香さんが選択してくれました。

☆生野菜サラダ。これは、ちょっと甘めのベトナムマヨネーズが沢山掛かっていて、ちょっとマヨネーズ多すぎじゃない?と、香さんと話していました。
でもお野菜は新鮮です。


☆揚げ春巻きと揚げ豆腐です。揚げ春巻きは初めての感じです。中味がみじん切りのエビ(?)や豆腐や野菜が詰まっていて、皮には更に細かい粉がまぶして揚げてありました。
揚げ豆腐はどうやらベトナムではよくあるメニューの様です。


☆日本でもよく見るクウシンサイの炒め物です。これもベトナムで一般的なメニューとのこと。


☆夕食の全体像。。そうそう、キノコのスープも頂きました。
お食事を注文すると、必ず出てくるのが、甘酢ソース、漬けもの(揚げ豆腐の左下の丸っこい小さな野菜)などです。
そして、マヨネーズもよく出てくるようなので、マヨネーズ好きでもあるようです。これはフランスの影響?


そして、またその翌日の食事。ここは一般のベトナム人がよく行く様なタイプのレストランでした。
なので、盛り方がとっても大雑把です。(笑)

☆クウシンサイの炒め物。醤油の付け汁が出てます。


☆これは、内容がよくわからない、鍋の様な料理。知らない野菜がいろいろ入ってました。鶏肉も。


☆これは、豚肉と白菜の様な野菜の漬けものの炒め物。
漬けもの文化は、アジア共通ですかね。


初めてのハノイ(ベトナム)での、お食事風景でした。

ベトナムは南と北とでずいぶんと文化が違うようです。人々の性質も異なるとのこと。。。。

次は中部や南部に行ってみたいと思ったベトナム出張でした。

Category: 市井の食事情
March 08, 2013  | Category: オーガニック
 本サイトのFriendsのフレーバーネットに、オーガニックフレーバーティーが販売されているのに、今気付きました。

フレーバーネット>紅茶>オーガニック(有機JAS)>有機フレーバーBOP紅茶(アルミパック)
http://www.flavour-net.jp/shop/products/list.php?category_id=78

これはすごい!!

ストロベリー、キャラメル、アップル、ピーチなど、天然の香りがついています。

これって、ありそうで、なかなか入手出来ないのでは???

Category: オーガニック
March 08, 2013  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
丸ノ内線東高円寺駅近くにある「ロータスフラワーズワン」という、ベジタリアンレストランに行ってきました。

感想は、一言「すごい!!」です。

本当にすごいです。

こんなにフレンチキュイジンになっているベジタリアン料理は、世界でもあまり無いのではないでしょうか。というのが私の感想。

☆まず、お店のメニュー看板がありました。注意:週末ランチはもう少し高いです。


☆そして、2階ですので、ビルの中にはこんな感じの案内があります。


☆お店は、クリーンでシンプル、でもアートな感じで、壁にいろいろな絵が描かれています。


☆もしかして、これはロータスフラワー?


☆そして、これはピースあんどラブな感じのアート。


☆これは何かな?月か太陽と、、、何かのエネルギー?円という安定した形と曲線の動きとが対称的。


☆お水のグラスはカワユイ丸型グラスです。


☆まず、スープです。人参のポタージュだったかな。あれ、かぼちゃだったかな。ちょっと忘れましたが、非常にフレンチ。
これを頂きすぐに、もしかしたら、ここはちょっと別格かもと思いました。


☆サラダです。この各種野菜が素晴らしく美味しかったです。味が違う!!


☆週末ランチのメニューです。まず、私が注文したペッパーステーキストロガノフ。


☆その他の週末ランチです。


☆また、別の週末スペシャルランチ。


☆デザートもあります。私はもうお腹一杯で、頂くことが出来ませんでしたが。。。





☆パスタもあります。気になるパスタメニューです。


☆本当に気になる。。。いつか頂いてみたい。しかし、その他のメニューを頂いた頃には、これらは季節的に無いのでは??


☆そして、前菜。アボカドの上にラタトゥイユの様なものが載っていて、緑の野菜はちょっと名前忘れました。非常に美味しい。


☆お店の窓辺には、野の花が飾ってあります。


☆週末ではなく、通常のランチのメニューも見せて頂きました。ちょっとお手ごろになっています。





☆でも、スペシャルランチコースもあります。


☆そして、これが私が注文したペッパービーフーストロガノフです。
このビーフ(風)の焼き具合がすごい!!テンダーなビーフより美味しいです。
ソースもワインが効いていて、信じられない位フレンチソースです。


☆無農薬玄米ご飯は、特に衒いもなく、普通の感じで出て来ました。


☆お店の雰囲気は、あくまでもナチュラル、ワインありきって感じです。


☆私は三年番茶を頂きました。デザートも頂きたかったですが、なにしろメインディッシュの量がはんばじゃなかったので、もうとても頂けなかったです。


☆フロアのサービスは、台湾出身のとっても優しい男性の店員さん。(向こうに見えます)ほんとに優しいです。


☆窓辺の小物が楽しい影をつくっています。


とにかく、すごい!!!!!!!!レストラン。

しばらく、頻繁に通ってしまいそうです。











March 07, 2013  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
2月末から3月始めに掛けてハノイに行きましたので、今回はハノイ(ベトナム)にある、ベジタリアン料理を提供するレストラン「Tamarind Cafe」をご紹介します。

まず、購入したいと思っていた綿のアオザイがなかなか無いので、それでは作ってもらおうとと思い、生地を買いに市内の市場に行きました。

☆その市場は一階が果物のマーケットになっていました。本当にいろいろの果物が売られていました。知らない果物がいっぱい!!
(2階は、生地屋さんでいっぱい。しかし丁度よい綿生地は見つかりませんでした。。残念!)


☆1階の入口でまだ青いマンゴを切って塩とチリをまぶしたものを買って食べてみました。
我々が知っている、あのとろ~りとしたマンゴとは異なり、サクサクかみごたえがあるマンゴです。しかし、あっま~~~い!!すごく甘いです。塩が甘みを増しているのかも。。


☆そして、こんな知らない果物も買いました。サンポチーという果物だそうです。
酸味が全く無い、ちょっと柿に感じが似ていて、柿の様な渋みが少しあります。(横たわった姿)


☆立ち姿



そして、ベジタリアン料理が頂けるレストランに向かいました。
ハノイの地理は全く分からないのですが、外国人のお客様が沢山いらしたので、中心街で観光客が多い地区であると思います。

☆「Tamarind Cafe」の入口です。
ここはベジタリアン料理に特化しているレストランではなく、肉や魚・卵料理も提供するが、ベジタリアン料理もあるというレストランです。
メニューも欧米人を意識した料理が多いです。


☆通りの向かいには、こんな、とっても古いベトナムの家(観光スポットになっている様ですが)、があります。


☆お店の中です。少し暗いですが、ゆったりとしています。クッションもあり、ゆっくり食事が出来るようになっています。
ベトナムはお店や家の間口が狭く、中に長い間取りになっています。これは以前に間口単位で税金が課されていたからではないかということです。


気になるベジタリアンメニューをご紹介します。

☆まず、このお店のスペシャルメニュー、クレイポット料理。
値段に驚くなかれ。132,000は、日本円で約550円です。(ベトナムでは非常に高い価格です。)


☆これは私が注文した、揚げ豆腐と春雨の炒め物です。ジュシーナは、ジューシーなという意味です。(誰が日本語に訳したのかな?)


☆これも気になります。マッシュルームステーキ。。。ううぅ。。迷いました。


☆スパイシー野菜カレー。ベトナムはタイの様にカレーが常食ではないようです。特に北部ではカレーは食べないそうです。
南部では時々食べるとのこと。


☆ベジタリアンフォー


☆これは乳製品を使ったベジタリアンラザニアです。


☆テキヤキ豆腐のベジタリアンサブマリンサンドイッチ。
ベトナムはずっと以前フランス領だったため、バゲットのサンドイッチが一般的です。(バゲットと言ってももう少し柔らかいタイプですが。)


☆ベジタリアンバーガーもあります。「あぶった野菜」がいいですね。Grilled vegetableのことですよね。


☆まず、お茶が出て来ました。私はロータスティー(ハスの葉のお茶)を注文しました。
味は薄い緑茶に少し別の香りがついている感じです。(漢方的に何か効果があるのかも)


デザートも気になります。

☆まずこれは、ファッジナッツのケーキ。ファッジって、キャンディ(飴)みたいなものですよね。
美味しそうです。


☆トロピカルフルーツスクランブル。これも食してみたい。。


☆迷いに迷って、今回はこちらを注文しました。


☆これが実際のパイの様子。ココナッツがパイを全面覆っています。
中にはマンゴのスライスとココナッツクリームが入っていました。美味しいことは美味しいのですが、正直言うとお菓子としてあまり手を掛けている感じではなかったです。
次回は別の物を注文してみたい。


☆そして、これは一緒に食事をした、チョコレート好きの「Huong」さんが注文したガト―ショコラ+アイスクリームです。


ハノイには、この他に、「Nang Tam」という有名な老舗のベジタリアンレストランがあるようです。
ホームページが無いようですので、住所と電話番号のみ。

Nang Tam:住所 79A Tran Hung Dao、TEL:04 9424 140

ベトナムは仏教国で、精進料理(コム・チャイ)を提供するお寺も結構あるようです。
その1つ(らしい)

金蓮寺(Kim Lien):

また、通常のベトナム料理は化学調味料が多く使われているそうですが、化学調味料を使わないベトナムフレンチレストランがあります。
こちらもホームページが見つかりませんので、住所と電話番号。

Madam Hien:住所 15 Chan cam St. Hoan Kiem Dist. Ha noi  TEL:84 43 938 1411


618406