December 28, 2013  | Category: 自然療法、栄養など
先日ご紹介した「耳ひっぱり」が、私自身の気になる症状にとっても関係深いこと、またこの著書の内容が「目からウロコ」だったので、さっそく著者藤本靖氏の別の著書を読んでみることにしました。



☆著作権法に違反しない程度にご紹介しますと、これが概要です。
そうなんです、感覚器官をゆるめることが重要なんだそうです。


☆頭の中心に蝶形骨という蝶の形をした、こんなに大きな骨があるそうです。ほら、まん真ん中にあるんです。


☆そこからずーーーと下の方の横隔膜まで筋膜という膜でつながっているそうです。
そして、この様に耳をすこし外側にひっぱると(ゆるーくだそうです、2,3ミリくらい)、この筋膜もゆるみ、横隔膜がゆるみ、呼吸が楽になるそうです。
たしかにそう思います。


☆藤本先生の本はもっと読みたいと思い、図書館で借りました。これは上記の書籍とたぶん同じようなことが書いてあるのだと思いますが、新しい出版なので、イラスト満載でとっても分かりやすいバージョンになっています。


☆例えば、目は身体の中で、こんな風につながっている、らしい。


☆眼球自体が呼吸しているイメージ、というのはなかなか斬新ではありませんか。


先生はロルファーでいらっしゃるとのことで、ロルフィングをちゃんと調べてみました。

日本ロルフィング協会:http://www.rolfing.or.jp/

上記サイトによると、

筋膜へのアプローチ

ロルフィング®・ストラクチュラル・インテグレーションは、筋膜系 (筋肉と、筋肉や身体中のあらゆるものを包み込み、互いに入り組んだ結合組織である 「 筋膜 」で構成される器官システム)に働きかける事により、優れた結果を生み出します。
もしあなたが今までに動物の皮をはいだり、赤身の肉を切った事があれば、筋膜を目にした事があると思います。それは白い薄皮状の物質(フィルターのように透けて見える程の薄さ)で、身体のあらゆるものをつなぎます。仮に筋膜だけを無傷のまま残し、その他の身体中のあらゆる物を取り除く事ができれば、あなたは 「立体的な身体の完璧なブループリント」を目にする事ができるでしょう。

重力との調和

ロルフィング®のゴール

これ以上コピペすると著作権に抵触してしまうかもしれないため、ここまで。後は上記サイトをご参照ください。

ちなみに、「ロルフィング」という名称は、この療法の創始者らしき「ロルフ博士」から由来しているようです。




December 26, 2013  | Category: マクロビオティック
記事が前後しますが、24日に 新宿リマカフェでクリスマスイブプレートがあるようなので、夕食によりましたが、残念18:35に到着したため、キッチンはもう火を落としてしまっていて、カフェの飲食は終ってしまってました。

そこで、ショップの方でお弁当を購入し、かつスコーンも購入して、カフェのテーブルで頂きました。
今まで頂いたことがないベーカリーのスコーンです。

☆左がアーモンドスコーン、右が焼酎付レーズンとくるみのスコーンです。アーモンドの方はほんのり甘く、レーズンの方はかなり甘目です。レーズンの甘みというより強い甜菜糖の甘みだと思います。


☆原材料とベーカリー名。初めて聞くベーカリーです。最近ビジネスを始められたのでしょうか。
けんさーく!!あ、ありました。焼き菓子x Vegan Cafeとあり、玄米のお食事もありますね。
Phono kafe:http://phonokafe.org/


☆焼酎付レーズンとクルミのスコーンの原材料。玄米焼酎にレーズンを漬けてあるのですね。ラムレーズン風ってことでしょう。こちらは完全粉が精製粉より多く使われているようですね。


完全粉(全粒粉)ラブの私はうれしいスナックでした。

December 26, 2013  | Category: マクロビオティック
クリスマスイブに新宿リマカフェに行くのが遅すぎてクリスマススペシャルプレートを頂けなかったのです、クリスマスの25日のお昼に伺いました。

ランチタイムなので、たくさん人々が押し寄せめっちゃ混んでたらどうしよう、、、、と、再びクリスマススペシャルプレートを頂けない可能性に対して少し心の準備をして伺いました。。

が、がらんがらんでした。ちょっと拍子抜け。。

でも、ゆっくりとお食事できることが分かり、ほっとしました。

☆店員さんもサンタさんの帽子をかぶってらっしゃいます。本日のメイン料理はベジミートローフです。


☆クリスマス特別のコロネありました。また、新しいメニューかな、「車麩チャーシューパオズ」もあります。


☆ほっとくず湯もはじまったようです。原材料を見るとなかなか美味しそうです。


☆ん、、、スタッフ募集。。。ちょっと働いてみたいカフェですね。。。。


☆さてさて、これがクリスマススペシャルプレートです。ミートローフと、ひよこまめかな、何かのポテトサラダ風、お味噌汁。有機コーヒーはセットで注文しました。
ミートローフはクミンが香る、柔らかめのミートローフ、、大豆のミンチ肉と豆類で作ってある感じです。ソースが玉葱とキノコのデミグラスソースです。
ここ一週間位、忘年会やクリスマスパーティなどが続き、ここでマクロびのお食事でバランスを戻さないと、私は絶対に体調崩すので、今日のランチはとっても重要です。
先日、牛肉料理、卵料理、ふつうのお砂糖のデザートを中皿一杯頂いただけで、翌日洟がぐすぐす出続けてましたから。。。


☆そして、気になっていた新メニューの車麩のベジバーガー(写真がぼやけててすいません) 玉葱のスープとサラダがついて600円(テイクアウト用)、嬉しい価格です!
これは、さすがにお腹いっぱいで頂けず、玉葱のスープだけ頂いて、あとはお持ち帰りしました。


☆気になる中身をちょっと拝見。。車麩がちょっと見えません。香りはミートローフと同じクミンです。ちょっとかぶっちゃったかな。。。


やはり、ほっとするマクロび食でした。

December 25, 2013  | Category: ちょっと休憩。。。
 仲良しの新潟の長岡技術科学大学大学院のホセ君がまた東京に来て、1週間ほど東京の就活イベントに参加するために、私の家に泊まってます。

そこで、23日にベネズエラ料理を作ってくれることになり、ベネズエラ料理はとっても珍しいので、知人を呼びました。

女性も2、3人参加ということで、ホセ君張り切ってお料理作ってくれました。
(メニューから、材料から、いろいろ考えてくれました。今回はお寿司は注文しましたが、アメリカ風お寿司も作ってくれる勢いでした。)

さて、以下のベネズエラ料理を作って、豪華なディナーになったのですが、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。

■まず、PERICO(おうむという意味らしい)という卵料理
■次に、牛肉の固まりを長時間ゆでてから、細かくちぎり、それを野菜とともに炒めて煮るお料理。油が全て抜けてあっさりしています。
■そして、サラダ。赤玉葱をスライスしてレモンジュースに少し漬けてからトッピングしました。玉葱の辛みがとれてました。
■デザートは、クッキーとコンデンスミルクとエバミルクにレモン汁を混ぜて冷やしたもの。
■飲み物は、ベネズエラ産のラム酒とコーラを混ぜてレモンを絞った、ベネズエラ定番のカクテル。(これは結局作らず。。。)

☆結局、来客から頂いたクリスマスプレゼントを持って、嬉しそうなホセ君の写真のみ、忘れずに取りました。


そして、24日私が仕事で外出してる時にホセ君から「夜の予定がキャンセルになったので、一緒にクリスマスディナーしましょう」というメールが来たのですが、私はその日は仕事が何時に終わるかわからないので、難しいかな。。。と返信しました。

夜10時頃、私が帰宅すると、ホセ君が待ってましたという感じで、「あ、お帰りなさい!!!クリスマスイブのお祝いしましょうよ、チーズ買ってきたから。」
疲れてるでしょ、俺がやりますから、座っててください。ワインがいいですか?
私が「えっと、のどが渇いてる感じなので、ビールがいいかな。。」というと、「は~い。」と冷蔵庫からビールを出して「もしかして、水を先に飲みますか。のど乾いてるときにビール飲むともっとのどが渇くでしょ?」と、細かい気遣い。。。
でも、炭酸系が飲みたかったので、結局ビールを飲むことにしました。

☆ホセ君とのクリスマスイブのお祝い。
2人とも夕食済だったたので、簡単にチーズとパンとサラダでクリスマスをお祝いしました。


この後は、ベネズエラの歴史の話になって、ベネズエラ独立の立役者シモン・ボリバールの経歴の話とか、結局ロシア革命の話とか、ホセ君の愛国心の話とか、いろいろためになる話をしたクリスマスイブになりました。
ベネズエラの正式国名はシモン・ボリバールにちなんで「ベネズエラ・ボリバル共和国」なんです。しりませんでした。また、ボリビアという国はこの方のお名前からとって国名になったそうです。
その他、ベネズエラという名前は、小さなベニスという意味だそうです。いろいろ勉強になるなぁ。。。。

December 13, 2013  | Category: マクロビオティック
 先日、ラ・ヴィさんから購入した天然酵母は美しく、芳しい酵母です。
☆写真より、ずっと白とピンク色がゆるやかにまだらになっていて、きれいです。


☆毎朝、活性度を確認しています。ぶくぶくしているのがお分かりになると思います。


☆少し水分が多いような感じですし、時々はご飯をあげないといけないですよね、生き物ですから。。。で、全粒粉を少し投入。。


☆で、また優しく混ぜると、よりぶくぶく。。。酵母君達が「あざーす、めっちゃうまいっす。」と言っているみたいです。


今日は、一日冷蔵庫から出して、室温で熟成して頂こうかなぁ、、、、と思っています。


December 11, 2013  | Category: 不思議的・別次元的探求
 ずっと、ずーーーーーっと以前、アパートの1階の庭付きお部屋に住んでいたころ、私は土曜日だけ小学生向けの塾の講師をしてました。

ある土曜日、多少疲れ気味ではあったものの、具合が悪いというほどでもなく、何か用事があって庭に出たところ、右下の方に人型の黒い影がいるのが目に入りました。
その途端に、その黒い影が私の肩に飛び乗るのが分かるとほぼ同時に体に悪寒が走始め、「わぁ~、なんだこれ!いったいどうなってるのだ!」と思いつつも、今日の塾をどうしようかと思い、でも代替の先生もいないので、とにかく今日だけは何とか行かなくちゃ、、、、という訳で何とか準備をしてふらふらしながら出かけました。

そして、塾での授業中、1人の男の子(小学5年生)が話を聞かずにキョロキョロしていたので、「xx君!!」と、その男子児童の方に向けて私の右腕を上げて指したところ、自宅の庭で肩に乗った、あの影の存在が私の腕を伝ってその男子の方に飛び移ったのです。(今度は飛び移るのが見えたのではなく、飛び移る感じがしたんです。もしかしたら一瞬見えたのかもしれませんが。。)

すると、その直後からその男子ががくがくと震え始めて、気分が悪くなり、結局クラスを早退することになったのです。

私はというと、けっこうすっきりと気分が回復してしまったのです。

これって。。。。。

ん?

いったいなんだったのだろう。。。。

しかし、これは実際に発生したことなので、しっかり覚えておこうと思った次第です。

後日、もしかしたらこれは夢だったのかもしれないと思わないように、しっかりしっかりと記憶にとどめて、ことある毎に思いだし、あれは実際に起こったことでることを頭の中で確かめています。

あれ以来、私は何か霊の様なものは本当にあるかもしれないと思っています。

科学大好きな知人にこの話をしたところ、これは4次元の人間の影だったのではないかということでした。3次元の人間の影は2次元で、4次元の人間の影は3次元であらわされるとのこと。。。なるほど。。。

でも、本当にいったいなんだったのだ、そしてダレだったのだろう。。

December 10, 2013  | Category: 市井の食事情
以前に通っていたインド大使館のボリウッドダンスクラスのお友達との忘年会インドディナーに参加しました。
ボリウッドクラス発表会の様子:http://www.youtube.com/watch?v=1a0sbKtel3g

とっても美味しいお料理だったのでご紹介。

場所は品川のインド料理レストラン「サルマ・ティッカ・アンド・ビリヤニ」:http://parasol.in/stb/
ここは東京に住むインド人の間で人気のレストランだそうです。期待できます。

☆まず、お通しのように出てきたのが、豆の粉で出来た薄ーいお煎餅のようなものです。
これはけっこうピリ辛でした。ローストカシューナッツがのっています。


☆飲み物はみなラッシーを注文したのですが、これはお水グラスで、面白い模様だったので撮りました。別に男女で使い分けているわけではないようですが。。。


☆これは、タンドリーシムラミルチというピーマンの中に野菜とチーズを入れて焼き上げたお料理。グリーンのピリ辛ソースを付けて頂きます。

☆これは、パニールムスカという、スパイスで味付けしたインドチーズ・オニオン・ピーマン・トマトを串刺しし、タンドール釜で焼き上げたお料理。


☆これは、チキンレシミカバブという、ハーブスパイスとクリーミーソースにマリネしたチキンを串に刺してタンドール釜で焼き上げたお料理。


ここら辺で、アピタイザーを終了して、カリーに移行しました。
しかし、チキンカリーだけで、12種類あるので、選ぶのが大変!!

☆まず、メニューで目についた「よだれが出る」と説明された「アルパクラ」カリー。ホウレンソウとポテトが使われいるそうです。確かにとっても美味しかったです。


☆カリーもう一品。ディスカッションの結果、ゴア・シュリンプ・カリーに決定。ココナッツミルクベースのカリーです。とってもまろやか。


☆ナンは、チーズナンをチョイス。とろ~りチーズたっぷりです。


☆そして、パン系をもう一品。これはロティかな。。。


☆カリーと共に注文したベジタリアンビリヤニ。


☆ビリヤニに掛けて頂くヨーグルトベースのソース。生の玉葱のみじん切りなども入ってました。


この他にデザートナンをデザートに頂きました。ナンの中にクラッシュナッツや甘みを挟んで焼いてあるものです。

全体の感想としては、多分ヨーロッパ人をターゲットにしている様に思いました。
私はインドに行ったことはないので分かりませんが、多分本場インドのインド料理とは少し異なるのではないかなぁ。。。。


Category: 市井の食事情
December 09, 2013  | Category: マクロビオティック
 海苔LOVEの私は、無酸処理海苔を買いだめしています。

そろそろストックがなくなってきて、ふと思いました。

あれ、まとめて買えば、ちょっとは安くなる方法があるのでは???

そこで、検索。(なんで、今まで気づかなかったのか、、、、、、まったくぅ~~)

ありました!!なんだか、海苔屋さんなので、少し安価に購入できそうなところが。。。

■荒木海苔店:http://www.arakinoriten.com/index.html
商品の中で、何点か無酸処理海苔があるようです。

というわけで、さっそく購入していました。

まずは、

■桑名海苔:http://www.arakinoriten.com/8_27.html


☆裏の説明を読むと、「自然に逆らわない養殖を行っています。」、、、、、、、ん???養殖だったのかぁ。。。。
し、しかし、今、養殖でない海苔を購入することは出来ないのではないか、、、
でも、今後はちょっと天然海苔があるかを調べてみようっと、と思った次第です。



で、海苔LOVEとしては、どうしても買わないわけにはいかなかったアイテム。。
■日本一おいしい海苔:http://www.arakinoriten.com/8_75.html

☆こちらです。中身の色合いや艶などが気になるところですが、超特別のイベントに頂きたいと思っているところです。


う~~、楽しみ。。。
 
う、すっかり忘れていました。「天日干し」の観点。

う~ん、次は、天然、天日干し、無酸処理の海苔を調べてみたいと思います。
(まず、ないだろうなぁ。。。どこかの会社が商品開発してくれないかなぁ。。。。)

それに、今回本当にお得に購入できたかどうかは不明。。。。

もう少し賢いカスタマになりたいと思います。

December 07, 2013  | Category: 自然療法、栄養など
 熊本のパン屋さん『ラ・ヴィ』さんのパンと一緒に入っていた「養生訓」に「公立菊池養生園」とあったので、これを発行している養生園とはどのようなところかと思い、検索してみました。

■公立菊池養生園診療所:http://www.yojoen.or.jp/
すごーい、公立の病院なんですね。
トップページを開くと、「養生とは...」という有り難いお言葉が、じわ~~っと、浮き出てきます。このじわ~が、とってもいい感じですぅ~~。

そして、「くまの素」という「熊本県北のいいもの、いいとこ」情報サイトでは、菊池養生園の名誉園長「竹熊宣孝先生」の紹介ページがありました。

■熊本県北の宝もん:熊本県北が誇れる、こだわりのものつくりや人物を紹介するコーナー:http://www.kumanomoto.com/valuable/log_201104.html (熊本県だけじゃなくて、ちゃんと熊本県北と必ず「北」が入っているのが面白い。)
先生のお名前にも「熊」が入っています。(関係ないか。。。いや、熊本県なので、とってもいい。)

以下は、本ページから転記
「医食同源」や「地産地消」が叫ばれるようになるずっと前から、土と命のつながりに目を向け、30年以上にわたって食の大切さを伝え続けてきた医師、竹熊宣孝先生。菊池養生園と菊池養生伝承館の館内には、竹熊先生の自筆の標語が所狭しと貼られています。「世をあげてグルメグルメで病いも国際化。医療も国際レベルでないと間に合わん」「食養生、食わぬも養生。一生の食いぶちは決まっとる。はよ食いあげたら、それまーでよ」「腹八分目、胃の門限は九時」「農薬は農毒薬の略字なり。虫はコロッと人はジワーッと殺さるる」などなど…辛口ながら、どこか人間味があり“なるほどな~”と考えさせられる言葉ばかりです。」

そして、先生ご自身もご家族のことで以下の様な体験があって、現在のお考えをされているのですね。
ある時、私の娘が病気になり、リウマチ熱で、医者には助からないと言われました。そこで、絶食療法の第一人者である(大阪府)八尾市の甲田光雄先生の門をたたき、断食に挑戦したんです。やせて骨と皮だった娘は、食を断つことによって消化吸収がよくなり、冷え性やアトピーも治って健康を取り戻しました。小・中学校でも全く病気しなくなったのです。玄米を食べ、食卓から砂糖と添加物を追放することで、家族みんなが、うそのように体調不良を感じなくなりました。私は、この経験から「食は命」であり「食は病の根源」でもあると知り、医から食、そして農への取り組みを始めたのです。」

私感:食事を変えることは、大きなことです。でも生命の基本なので、それだけ本人に合うように変えることが出来れば大きな効果があると思います。



December 07, 2013  | Category: マクロビオティック
先日のブログでご紹介しました無農薬有機小麦粉、天然酵母パンのラ・ヴィさんから各種パンをお取り寄せしてみました。
もうこれ以上こだわることは出来ないでしょっ!という感じのパンです。

■森のパン屋さんに行こう!天然酵母パンのお店『ラ・ヴィ』:http://ww21.tiki.ne.jp/~umi-nekoya88/m2.html
ハード系とソフト系がありますが、全粒粉ラブの私は、全粒粉が使われているハード系で攻めてみました。

☆届いたパンの全体像。。。。壮観です。ほんとうれしいぃぃ~~。。。。私のハッピーモーメントです。(特別な飲食品が届いたときや、購入して自宅で広げてみるとき。。。)


一つずつ、ご紹介します。うふふ。うふふのふ。

☆一番気になるパン。スペルト100、オーガニックスペルト全粒粉100%!!!!!!
これってすごいです!全粒粉100%で、どれだけ膨らむのか、、、多くはペッちゃんこになってしまうんです。
※スペルトコム日は、9000年以上前にヨーロッパで栽培されていました。現在のパン用小麦(普通小麦)の原種にあたる古代穀物です。古代小麦であるスペルトは、人為的な加工が全く加えられていませんので完ぺきな自然食品といえます。少量のグルテンに対し高質の不飽和脂肪酸とビタミンB類、ビタミンEが豊富なため体に良いとされています。身体を保温して滑らかにするといわれており栄養価の高い驚くべき穀物です。さらにスペルト小麦はこのような栄養的な部分のみならず、独特のナッツ風味があり大変おいしいのが大きな特徴です。(ラ・ヴィさんホームページより)
http://ww21.tiki.ne.jp/~umi-nekoya88/m2ha-do.html#大地のパン

大きさが分かるように、定規を横においてみました。

☆スペルト100の厚みや膨らみ具合を横からみたところです。かなりふくらんでいるのが分かります。すごい!!


☆次に気になるのが、森のパン(人気No.1だそうです)
http://ww21.tiki.ne.jp/~umi-nekoya88/m2ha-do.html#森のパン


☆森のパンを立体的に見るとこんな感じです。
実は、今回購入したパンの中で、これが一番比重が大きく、ずっしりしています。全粒粉はたった20%なんですが、その他の穀物の粉が膨らまないのでしょうか。



☆そして、3番目に気になるのが、七種の雑穀パン。ホームページの説明は、「7種類のきび粉、ごま、玄米粉、そば粉、押し麦、全粒粉などの穀物で焼き上げた、噛めば噛むほどに味が広がるパン。」
http://ww21.tiki.ne.jp/~umi-nekoya88/m2ha-do.html#7雑穀パン


☆それを横から見たところ。これも全粒粉20%。全粒粉100%のスペルト100より膨らんでいない感じがします。う~ん、不思議です。


☆そして、パン・コンプレ30を注文したのですが、なぜか名称は田舎パンとなっています。同じものを意味するらしいです。
http://ww21.tiki.ne.jp/~umi-nekoya88/m2ha-do.html#田舎パン


☆全体平均的に膨らんでいます。全粒粉30%のはずですが、それにしては色白な感じ。


☆これも、パンコンプレ30、田舎パン、異なる型で焼いたもののようです。


☆で、3次元的写真。



☆おまけをつけてくださいました。プチパン3つ。やったー!


☆側面から。。3次元写真。


☆最後に、これ!!自家製酵母!!これを生かし続けて、自分でもパンを焼きたい!!!と思っているわけです。


☆こんなものも同封されてました。
まず、阿蘇のパンフレット。クマもん、でかっ。。。


☆南阿蘇村の地図。。へーーーーー。。なるほど、阿蘇に来てくださいってことですね。
ラ・ヴィさんは、海猫屋というペンションも運営していらっしゃるから。。というわけです。
http://ww21.tiki.ne.jp/~umi-nekoya88/index.html


☆最後に、超重要な文書が。。。。す、す、すばらしい!!しかも、これは公立の養生園なるとことの発行。これは後で要チェーーーーっク!!


☆スペルト100を切ってみました。そして一枚食べてみました。
お、お、おーーーーーーーーーっいしい!!この小麦の甘みはすごすぎる!!これがスペルト小麦の味なんですね。。。。感動の美味しさ。。。うっとりです。
しかも、全粒粉100%で、こんなにふっくらと焼き上がるなんて。。すごい腕なのか、酵母がすごいのか、、、多分、まずこの、26年熟成されている酵母がすごい、酵母を生かし続けてきた腕がすごい、そしてパン種作りがすごい、そしてパン焼きの腕がすごいのでしょう。


☆森のパンも1枚頂きました。黒ゴマとか、レーズンとか、くるみとか入っています。食べてみるとそんなにどっしりしてる感はないです。


☆そして、七種の雑穀パン。黒ゴマがアクセントになって、しかも小麦粉だけでない、、、なんか面白い味がして、なかなか味わい深いです。




December 06, 2013  | Category: 自然療法、栄養など
頭蓋骨の中の中心の方の奥の方がどうも固まっている感じがしてきていたし、やはり頭蓋骨の中の方の何かがゆがんでいる様な気がしていていたところ、

☆ふと見つけたのが、こちらの書籍。



著者は、身体教育学なる(なにを勉強するんでしょう。。。)学問を研究したあと、ロルフィング技術を学んで、ロルファー認定を受けた方です。
なので、本書の中の説明も身体の中がどの様につながっているかが、すごーーーーーーく分かりやすく説明されています。

で、なかなか取れない疲れは、目、鼻、口、耳など身体の感覚器官の緊張からくるストレスが原因のことが多く、これらの器官は「頭の芯」につながっていて、その芯が固まることで神経全体が緊張することになるそうです。その頭の芯とは目の奥にある蝶形骨なんだそうです。蝶形骨は脳の前頭部を乗せるお皿の様な構造で、前頭部から少し後ろに行ったところに視床下部があり、これも蝶形骨が支えているそうです。視床下部は自律神経の最高中枢といわれているため、それを支える蝶形骨はとてつもなく大事な部分なんだそうです。

一晩寝ても疲れが取れないのは、この頭の芯の緊張が広がって、身体の芯まで緊張してこわばっている状態だそうです。
で、身体の芯とは「横隔膜」なのだそうです。

これ以上の詳細は、ぜひ書籍をお読みいただくとして、蝶形骨と横隔膜は筋膜というものでつながっていて、耳を軽くひっぱると耳と頭の側面の間に隙間をつくり、それにより頭の側面についている骨(側頭骨)が横に広がりやすくなり、間に挟まれている頭の芯(蝶形骨)が自由になり、つながっている横隔膜の緊張がほぐれて自由になるそうです。そして横隔膜がゆるんで呼吸がゆっくりしてくると、身体が内側からほぐれて心もゆったりしてくるそうです。

これは、ちょっと目からうろこです。でも私自身、頭の奥のかたまりと横隔膜あたりの固まりを強く感じていたので、すごくよく分かる!!と思いました。

これから、毎日1分試してみたいと思う次第です。


December 03, 2013  | Category: オーガニック
国産小麦粉の天然酵母パンは、いまやどこでも入手出来るようになって、大変うれしいですが、有機小麦粉使用となるとなかなかありません。

かろうじて、ナチュラルハウスで購入出来ますが、それ以外の自然食品店でもなかなか見かけません。

そこで調べてみました。お取り寄せが出来るのではないか、、、と思いまして。

で、ありました。希少ではありますが、やはり世の中は広い、、ということでしょう。

■レオ・ナイスブレッド:http://www.panyasan-leo.com/#
店頭にある石臼で、お店で使う無農薬小麦を毎日自家製粉しています。使っている天然酵母は開店当時からずっと種継ぎをしてきた自家製酵母。食の本質を大切にして、美味しさとヘルシーさを追求する為に厳選した素材を使っています。(ホームページより転記)

■SORA:http://shop.cafe-sora.jp/?pid=26518447 / http://shop.cafe-sora.jp/?pid=26518063 (以下、ホームページより転記)
全粒粉カンパーニュ:オーガニックカナダ産小麦粉100%をオーガニックレーズンから作った自家製天然酵母で焼き上げたカンパーニュです。
くるみ・レーズン全粒粉カンパーニュ:自家製天然酵母にオーガニックカナダ産小麦粉そして姫路産の自家石挽全粒粉(麦を皮付きのまま丸ごと挽いて粉にしたもの)をオーガニックレーズン、胡桃とともに練り込んで焼き上げました。

■ラ・ヴィ:http://ww21.tiki.ne.jp/~umi-nekoya88/m2.html
長崎のみなとから西に100キロのところに浮かぶ五島列島から来て、阿蘇の森の中で天然酵母のパンを1987年から焼いてます。大切に育てた自家製酵母は26年目になりました。この酵母は毎日世話するとず~と生きつづけます。この自家製酵母をおこして生地をこね、レンガを敷いた釜でコンプレ(全粒粉パン)が焼き上がります。大事にしていることは自然(気温)をうまく付き合いながら、自家製酵母をいつも元気にしている事、オーガニックミナミノカオリ小麦粉と自家石臼挽きした全粒粉と出来る限りオーガニック素材でお腹にしっかりたまり、毎日食べても飽きない酵母パンを焼くことです。(ホームページより転記)

ペンション海猫屋も運営していらっしゃるようです。

■そらの通販:http://muhiryou.jp/?mode=cate&cbid=744040&csid=0
自然栽培・カナダ産小麦粉を使用して自家製・天然酵母のてごねパンです。
愛知県豊橋市小鷹野の「木槿(むくげ)」というパン屋さんが作っていらっしゃるとのこと。

■【番外編】パンではなく、北海道産無農薬無肥料小麦粒と小麦粉です。
「知床 三左衛門本舗」:http://www.siretoko.com/komugiko.htm?gclid=CMC19bXm_7oCFQZVpgodXwYANw
非常に希少な国産(北海道産)の自然農法(完全な無農薬・無肥料栽培)です。
19年以上にわたりのうやくを一切使わず、有機肥料さえもまったく使用したに畑を営み続けている伊藤秀幸さんの小麦だそうです。北海道の秋まき小麦は、収穫まで長い時間がかかり、自然の力をたっぷりたくわえているそうで、しっかりとした強力粉になるそうです。よってパン作りに最適で、ふっくらろ仕上がり、「酵母を使わずにパンを作った」という方もいらっしゃるそうです。また、唐揚げに使うと油がはねにくいという方も。。

☆すごーく、悩みまして、しかし、パンの種類の多い「ラ・ヴィ」さんのパンをいろいろ注文してみました。後日ご報告します!!



Category: オーガニック
December 01, 2013  | Category: 自然派住空間
紅茶をより美味しく頂くために、ティーコゼー・マットを作ろうと思い立ちました。

で、一般的なサイズで作ろうと思い、自宅にあった手芸本を参考にしました。

☆「愛しの庭をスケッチして」という刺繍の本


☆この中に収録されている、ミツバチ刺繍のティーコゼーとティーマットです。かわいいです。サイズを参考にしました。


で、いろいろと検討し、近くのスーパーマーケットの中に入っている生地屋さんを訪問して、そこで購入できる生地の中から、シンプルで優しい色合いのものを選びました。そして、コゼーもマットもリバーシブルに挑戦!

☆表(?)の水色にレースのタイプ


☆裏(?)優しいベージュにレース柄の模様


なかなか、ナチュラルで優しい感じに出来ました。

これでお紅茶も、より美味しくなります。







Category: 自然派住空間

640201