January 25, 2014  | Category: 人・社会・宇宙・芸術・技術
都知事選が予見されてきたころから、東京都民としてちゃんと真面目に都政を考えなくてはいけないのでは、、、、と、いろいろと考えまして、まずは情報収集を、というわけでインターネットで情報検索をしていましたところ、小室直樹博士という研究者(その後ジャーナリズムに移行されたらしい)に行きつきました。

ん??

社会学・政治学に関して、どうやら、この博士がとっても評価されているらしいことが分かり(世間一般というより一部あるいは多くの研究者に、、らしい)、早速先生について調べ始めましたら、なんだかすっごい方の様です。

そして、調べれば調べるほど、すごい!!
特にこれがお勧め:http://www.youtube.com/watch?v=cmFwl5sh0uM

さて、そういうわけで、YouTubeでてっとり早く先生のお言葉を聞きたいと思い、「小室直樹博士の資本主義講座」を拝聴しました。

小室直樹 資本主義講座 :http://www.youtube.com/watch?v=u8GoJ7SDvB0

え、えっ?えーーーーっ??

ほ、本当にこの方がすごい先生なのかなぁ、、、

というのが最初の印象でした。というのは、お話の仕方が何というか、とっても具体的(卑近という印象で)、小学生にも分かるような語り口なんです。

すごい先生というと、難しい言葉を弄して、権威のある話し方をするという先入観を持っている私を、後に反省しましたが、その時はこの講座を聞きながら途中で寝てしまった次第です。

さて、その後も気になり続け、更に先生に関する情報を検索していましたら、やはりすごい人らしい、またとって面白い方だった(残念ながら2010年9月に他界された様です)らしい。

そこで、更にやはりご本人のお言葉を直接伺いたいと思い、YouTubeにて検索していますと、立川談志氏との対談がいくつか掲載されていました。
これが、めちゃくちゃ面白い!!!!感動的に面白い!!

しかも、分かりやすい!!!

多少、お話が飛んでしまうきらいがありますが、実に面白い。
(お笑い的にみても、かなり面白いんです。結構声を出して大笑いした箇所がいくつかありました。)

そして、先生ご自身が対談の中で先生の著書の中で最初に読むとよい書籍として「日本人のための憲法原論」をご紹介されていましたので、さっそく図書館で借りてきて読み始めました。

これが、すばらしいんです。

こんな先生に出会ったら、即学問が面白く大好きになるであろうと思える様な内容です。

☆先生が最初に読むべきとしていらっしゃる著書「日本人のための憲法原論」


具体的で、様々な歴史的事実の基づいて語られている、そしてユーモアが全編にあふれている、、、素晴らしい著書です。

☆ほかにも沢山著書を残されているようですが、上記書籍の最後には、こららの著書が紹介されています。


そして、その他お勧めは、以下のUstreamビデオ。

小室直樹博士記念シンポジウム

◆ 
第一部前半http://bit.ly/hAH1Ta
◆ 第一部後半http://bit.ly/hYuvPv
◆ 第二部前半http://bit.ly/gRxsEp
◆ 第二部後半http://bit.ly/ePUahy

上記ビデオの中で、先生の教え子のお一人「橋爪大三郎」氏が小室先生のお考えに触れてその教えを引き継ぎたいと考える人は全て先生の弟子である、という様なことをおっしゃっていますが、私もこれからは小室博士を先生と呼ばせて頂きたいと考えている今日この頃です。




January 24, 2014  | Category: 自然食的な生活
 表参道のたまな食堂へ伺う途中に、いろいろと気になるお店がありましたので、ちょっとご紹介。

☆まず、ん?お蕎麦屋さん?百年の味ぃ~?っとちょっと路地の奥を見ると、ややや、古民家風の佇まいが。。。。


☆早速、寄り道して、、、路地を進み、、、、すごい、なかなかいい感じの佇まいです。。。。。
佇まいはいいのだが、手打ちなのかがちょっと気になる。。。。


☆入り口です。あの扉の奥で、どうやら蕎麦を打っているような感じなんですが、手打ちって確証がない、、、、
神田(小川町)に手打ちではなく機会打ちだけど10割蕎麦を出しているお店があり、それはそれでOKなんですが、、、


☆メニューを見ましても、手打ちとは書いてない。。。メニューからすると、何だか普通の蕎麦屋さんぽい。
そこで、すっごく可愛い。蕎麦屋さんの小僧さんという感じの男の子がこのお店からニコニコしながら、何か用事があるらしく出てきたので(写真撮らず残念!!)、「あ、すいません、あのお蕎麦手打ちですか?」って伺うと、更にニコニコして「はい、そうです。」とのこと。たぶん10代だと思しき、このお蕎麦屋さんの(たぶん)見習い??(違ったらごめんなさい。)の男子が可愛すぎる手打ちそば屋さんです。


☆さて、いい気分で表通りに戻り、もう少し歩くと、、、おぉ、なんだこれは!!という一角が。。
屋台村っぽい。入り口で案内している方に伺うと常設だそうです。へぇ~~、いろんなお店あるじゃん!て感じです。


☆案内板の奥を見ると、こんな感じです。ややや、テントみたいなのがあるぞぉ。。。。なんとなくわくわく。。


☆位置口付近のベイカリ。なんか、鳥の巣をイメージしてるのか。。。とにかく森っぽいことは確か。
国産小麦、天然酵母のパンのお店。定番だな。


☆こちらは燻製と野菜のお店。アメリカのガレージセールに自宅で出すお店みたいな感じです。
何の燻製かは、未確認。


☆、、、で、テント。可愛いテントです。お店ではなく、食事スペースの様。


☆テントの手前にある超強力なストーブ。すっごく寒い日でしたが、この横にいるとあったかいです。


時間があまりなかったので、表通りに戻りまして、、、、

☆すっかり見過ごしていた、表通り沿いに出ているお店。ん?別のパン屋さんかな。。人型のなんか置物?が味がありますね。。。


というわけで、たまな食堂まで飽きることなく行くことが出来る表参道青山通りでした。



January 24, 2014  | Category: マクロビオティック
 人類史上最も古い調味料はお酢であると聞いたことがあります。

そんな調味料「お酢」は、健康に対する効用もあると言われています。

一般的にもいろいろなお酢が販売されていますし、自然食品店などでもこだわりのお酢がいろいろ並んでいます。

☆そんな中で私のお気に入りは、「心の酢」です。


このお酢は、ひどいアレルギーで結局山奥に移り住んで電気も使わない生活を送らなくてはならず、また食品も使えるものが限定され、他のどのお酢を使ってもアレルギーが出るという方が、このお酢だけは使えているとのこと。すごいです。それってどういうことなんでしょうか。。う~ん、う~ん、すごいです。

☆原材料は、有機栽培米。THAT'S ALLです。


☆そして、時間を掛けて静置熟成させた優しい味のお酢です。もちろん濾過剤や濾過機など使用しないで製造されています。


☆製造所がある上野原市の特産品ゆずを使った「ゆず酢」もあります。


☆ゆず酢の楽しみ方もいろいろ。。。


☆上野原には「日本一長寿の村としてその名を知られた棡原(ゆずりはら)」があり、ゆずが名産です。
上野原市長寿の里:http://www.city.uenohara.yamanashi.jp/shokokanko/tyojyu.html


私は実は、こちらの醸造所を訪問したことがありますが、ご主人がとってもハッピーな方で、そんなバイブレーションも影響しているのだと思いました。

本サイトのFriends「フレーバーネット」で入手できます。(http://www.flavour-net.jp/shop/products/list.php?category_id=168)


January 21, 2014  | Category: マクロビオティック
 以前から伺いたいと思いつつ、なかなか訪問がかなわなかった「たまな食堂」に、やっと伺うことが出来ました。

ホームページに写真つき「行き方」があるので、それに従いました。

☆まず、表参道A4出口を出て右に。青山通り(かな、)246と言われる通りをまっすく外苑前方面へ歩くと、駐車場の終わるとことに、小さく案内が。。。
これ見逃しがちなので、ご注意!!


☆細い道をまっすく行って、美容院のところを左に曲がると、突き当りに、あ、ありましたぁ~。無事辿り着いたぞっ。。。
いい感じの隠れ家です。


☆更に奥まったところに入り口があります。


☆もっと小規模で個人的なレストランかと思ったら、立派なレストラン風のレストランです。(ちょっと意外。。。)


☆一人で伺ったので、カウンターを案内されました。カウンタには様々な自然のお酒類が並びます。ふ~ん、知らないお酒もあるぞぉ。。。


☆カウンタテーブルの上には、こんなかわゆい植木(ボンサイ?)が。。


☆そして、お昼のメニューです。野菜ビビンバもすごーく気になるのですが、やはり初回は定食でしょっ、、、と思いまして、定食を注文しました。カレーも気になるなぁ。。。いや、パスタも。。。


☆本日の定食の内容とパスタです。


☆デザートも各種あります。(これは定食には含まれません。)
たぶんすごく工夫して作っていらっしゃるのでしょうが、私的には写真がちょっと残念な感じが。。。。もっとナチュラルで美しく撮れるはず。。。


☆お箸はこのようにトレイに乗って出てきます。箸置きより実践的かな??


☆そして、メニューで気になったピロール玄米の説明。ピロリ菌と間違えそうな命名ですが、、、
ふむふむ、、ふむふむ、、、ふむふむ、、、有機や無農薬については何も記載がないですが、ふ~ん、そうなんんだ、、、、

ラン藻ってなんでしょ。で、ちょっと検索。、、、、、、、、、あ、ありました!

ピロール農法:http://www.pyrrol.com/#01
以下はこのサイトからの転載:藍藻(らんそう)はシアノバクテリア(藍色細菌)とも呼ばれる真正細菌の一群であり、光合成によって酸素を生み出すという特徴を持つ。単細胞で浮遊するもの、少数細胞の集団を作るもの、糸状に細胞が並んだ構造を持つものなどがある。(出典:wikipediaより)
ラン藻には数千種類もの種類があり、それをひとかたまりで「ラン藻」と呼んでいます。ラン藻の中にも、人間に有益なものもあれば毒素を出すものもあるそうです。
その中から、土壌に比較的良い効果を与えるものを増殖させ、作物を育てるのがピロール農法です。

そして、農薬に関するちょこっと説明:農薬等の分解
ラン藻から分泌される物質が、作物を育成させるのを手助けするとともに、農薬を分解する力を持っていると言われています。ピロール作物からは農薬がまったく検出されないか、ゼロに等しい量しか検出されません。

だそうです。

☆特別なオリーブオイルの説明。これも検索しちゃいましょ。
エーゲの輝き:http://qualitylife.co.jp/contents/nomuoliveoil/
トルコ産、オーガニックオリーブオイルの様です。


☆こちらが、昼の定食の全容です。


☆サラダと揚げテンペイです。ドレッシングが2種類別々にかかってます。紫色の方がビーツのドレッシングで、スパイスが入っていてエスニック風味。右のテンペイの下にちょっと見えるのがオニオンのドレッシングです。カシューナッツとペカンナッツがところどころにどかっと存在していて、これらがとっても美味しいです。(たぶんオーガニック?)


☆これは揚げ豆腐(厚揚げ)に大根おろし醤油麹和えが乗り、その上に岩のり(たぶん)が振り掛けてあります。うん、大根おろしに醤油麹、グッドアイデアです。


☆これが様々な野菜(本当にいろいろ使われてます、ゴボウ、ニンジン、サツマイモ、ペパー、エリンギ、里芋、カブ、などなど)の塩麹バーニャカウダソース。
バーニャカウダだから、ニンニク風味かと思いましたが、それは全く感じず、う~ん、カボチャピュレとか使ってるかな、、、、と思いました。


☆左からごま塩(いつも嬉しいです)、切り干し大根(特に凝らずに通常の切り干し大根の煮物です)、そして漬物で、これはそれぞれが異なる味付けでした。
甘酢風だったり塩味だったり。。。色がきれいですね。


☆納豆が素敵です。普通の茶色の納豆も大きさや色が異なるもの、その上黒豆や青い枝豆も入っていて、こんなカラフルな納豆は初めて。。。


☆最後に番茶がたっぷり。


☆帰りの道で、猫ちゃんたちに出会いました。なんか、のんびりしてしまいますね。。。


というわけで、とっても満足なお昼でした。









January 21, 2014  | Category: 自然食的な生活
さて、仕事で大変お世話になっている方と打ち合わせを兼ねて会食。

前回は、ルミネ新宿1のアナポーラというスペイン料理で会食でしたので、今回は違うところがいいなぁと思って、検索しました。

で、見つけたのがこちら、、、高島屋タイムズスクエアの中国料理レストラン「健美菜館 麗花仙」。

麗花仙:http://www.restaurants-park.jp/restaurant/?id=17

説明を読むと、有機野菜を使っているらしい記述があったので、決定!!

☆会食相手の塚本君です。とってもまじめな方で、写真からもそれが分かりますね。


☆レストラン内部の壁面には、とっても美しい金魚の絵が描かれています。中国の画家の作品だそうです。
色がちゃんと映らず残念ですが、背景のブルー系の色も、本当は透明感があってとてもきれいです。


☆この絵画は、実はとっても大きい。塚本君と比較して、こんなに大きいです。


☆私は青島ビールを頂いたのですが、塚本君はちょっと珍しいブルーベリーのリキュールのソーダ割りを注文。キレイな色です。


☆お食事メニューには、コラーゲンたっぷりコースという女性に嬉しいメニューもありますが、
塚本君は五穀米のオコゲ。


☆私は、野菜の焼きそばを頂きました。


☆これは、2人でシェアした大連餃子です。味はふつうの餃子とあまり変わりませんでした。
お皿がかわいいです。


January 19, 2014  | Category: ちょっと休憩。。。
吉祥寺に行く用事があり、 井の頭線吉祥寺駅を降り立つって、ふと前を見ると、目の前にトイレが。。。。

☆女子トイレはこちら。。


☆男子トイレはこちらへ。。。


場所によって、いろいろな絵柄がありますね。




640201