4月 27, 2014  | Category: マクロビオティック
 久しぶりに新宿リマカフェに行きましたら、あたしいクッキー類がカウンタにおいてありました。

☆数種類のタイプがあります。


☆制作者は「きのね堂」というところのよう。常設のお店はないそうです。


☆これは、おかっぱちゃんというクッキーです。ふつうのピース顔と異なり、なかなか良いアイデアですね。


☆そして、原材料ですが、全粒粉が最も多く入っているのもうれしいです。


とっても美味しく頂きました。ごちそう様。。。

4月 22, 2014  | Category: オーガニック
 4月12日から19日まで参加したカリフォルニア州サンノゼ(シリコンバレー)にあるSingularity大学Executive Programで提供された食事をざっとご紹介します。

Singularity University:http://singularityu.org/

プログラムに登録する際に、食事の嗜好を問われるのこと自体がめずらしいですが(米国では今は一般的なのかでしょうか?)、それがベジタリアンでも、ビーガンか、魚を食べるタイプのベジタリアンか、乳製品・卵を食べるベジタリアンか、など、細かく質問があったのは驚きました。

☆さて、プログラムの受付を済ませて、宿泊施設に行くと、この様なセットが大学からプレゼントされます。いいじゃない、と思って中をよく見ると、頭痛薬と胃腸薬が入ってました。(どういう意味なんだろう。。。とちょっと心配に。。)


☆到着した日の昼食はランチボックスでした。もちろんビーガンメニューも肉食メニューもありました。私はあまりお腹がすいていなかったのでサラダボックスを頂きました。


☆夕食は教室の外でパエリアのビュッフェ。寒いので火が炊かれていました。


☆魚介類のパエリア。


☆こちらは、(たしか)ベジタリアンパエリア。


☆その後の日々は、教室の隣りのお部屋でビュッフェスタイル。食堂は別途あります。世界中からの参加者で、すごい多様性。
このテーブルは通常のメニューのテーブルです。(肉魚あり)


☆ベジタリアンメニューは、グルテンフリーのものが多かったです。このパンもグルテンフリーのパンだったと思います。


☆ベジタリアンのハンバーグ。(各種雑穀や豆類が使われているようなお味でした)


☆ベジタリアンメニューの各種ソース(アボガドとともに)


☆ヨーグルトソースをレタスに掛けて。。。


☆レンタル豆の煮もの。カリフラワーや人参、玉ねぎ、ニンニク入り。


☆シンプルに炊き上げたキヌア。


☆ある一日の私のプレートです。(上記をアソートしました)


☆ランチの状況。左から米国、アンドラ(スペインとフランスの国境ピレネー山脈にある小国)、エクアドル、フランス、オーストラリア、フランス、ブラジル、と、本当に多国籍クラスです。


☆ある日は、こんな(ちょっと怖くなるような色の)ドーナッツが出ました。(これは学校内のビュッフェではなく、サンノゼの町に出てワークショップを行った際のデザートでした)


☆う~~~~、すっごい色です。


☆プログラムの最終日は、夕方からサンノゼの町の中にあるホテルで、ルーフトップのパーティでした。


さて、学校のビュッフェのメニューは肉魚を含めて全てオーガニックの食材が使われていましたので、参加者から「胃腸の調子が良くなった」「頭痛が無くなった」「グルテンフリーの食事で胃もたれがなくなった」など、肯定的なコメントがありましたが、フランス人の参加者達からは「食事は最悪だった」というコメントがあったそうです。
確かに、米国の料理は味付けも盛り方も、フランスや日本に比べると大雑把と言えるかもしれません。

それでも、私はオーガニック食材であることに感動。とっても幸せでした。
しかし、半分休暇のつもりで行ったのですが、と、とんでもない!!!
とっても大変なプログラムで、食事どころではなかったのですが。。。

Category: オーガニック
4月 10, 2014  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 東京駅内のT'sタンタンではしばしば担担麺を頂きますが、本家のT'sレストランに初めて伺いました。

T'sレストラン:http://ts-restaurant.jp/

☆ビルの地下にあるレストランの外観です。


☆客席から、キッチンが見えます。


☆テーブルに置かれている取り皿の模様がかわいいです。


残念ながら、メニューの写真はご遠慮くださいということで、注文したお料理のみをご紹介。

☆本日のスープは、新玉ねぎのポタージュです。コンディメントの焦がし玉葱の香りがポイントで、スープ自体はそんなに玉葱の味はしない、柔らかいクリームスープです。


☆これが、デミグラソースのハンバーグです。ソースにかなりお酒(何のお酒かはちょっと未知。赤ワインだけではなく、もっと強いお酒が使われているようにも思います)が入っている、大人の味です。ハンバーグ自体はとっても柔らかで、細かい大豆ミートがふんわりとまとめられています。2色のソースがマーブルな感じでおされです。


☆十穀米。しっかりと噛めるような固めのご飯だと思います。


☆そして、これがすごかった。量が多い!!!メニューの写真から想定するより、大きな器にたっぷり盛られてきたので、お料理で結構お腹がいっぱいだったので、完食するのが大変でした。(ふぅ。。)フルーツパフェです。トッピングはイチゴですが、その他はラズベリーのアイスクリーム、シロップなどが使われているので、むしろラズベリー風味です。ナッツもたくさん入ってました。クリームも豆乳クリームが使われています。甘さが丁度よかったです。他にもチョコレートパフェがありますが、次回はこれだけを頂きに伺って、じっくり味わいたいと思った次第です。




4月 04, 2014  | Category: 人・社会・宇宙・芸術・技術
 オランダのベンチャー企業が火星移住の希望者を募り、希望者の中から移住予定者が決定したというニュースがありました。

この計画は、片道切符で火星移住希望者を募り、移住の状況を実況中継するというもの。

地球への帰還は出来ない片道切符にも関わらず、何と世界中から20万人が応募し、今回最終24人に絞られたようです。

「火星移住「本気」 1058人選定/最終24人 10年後から「片道切符の旅」:http://www.sankeibiz.jp/express/news/140105/exh1401050005000-n1.htm
 
本ベンチャー企業CEOのインタビュー記事:http://www.tel.co.jp/museum/magazine/spacedev/130422_interview02/

2023年て、もうすぐじゃありませんか。。。

私自身は、月と火星に土地を買ってありますが、片道切符で行く決心はまだつかないかな。。。

土地はルナエンバシージャパン(http://www.lunarembassy.jp/)から購入しました。2エーカーの単位で購入できます。
サイトには、「月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、宇宙条約しかないことがわかりました。同氏は月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出し、「地球外不動産業」を始めました。」と書かれています。

☆月の土地の権利書等はこんな紙フォルダで送られてきます。


☆月のどこに私の土地があるか、地図が入っています。小さい赤い点が私の土地の位置です。


☆これが権利書です。(写真は上半分だけですが、、)


☆販売会社が制定した憲法のようです。


☆商品説明書です。


そして、火星の土地についても、同じものがあります。

いつ、行けるかなぁ。。。

 

4月 03, 2014  | Category: 自然療法、栄養など
 ナーガの雫は、「酸素を名のレベルの気泡として安定化させた技術が生んだ、より純粋化した酸素ナノバブル水」だそうです。

動脈硬化の予防に効果があると聞きまして、飲んでみようと思い、購入してみました。

というのは、母が動脈硬化による脳梗塞を発症し、父は心房細動による脳梗塞を発症したため、先日脳ドックを受診したところ、プチ(隠れ)脳梗塞が認められるという結果が出たからです。(ショックです。しかし、過去に15年以上一日2箱以上のタバコを吸っていましたし、その際にお酒をたくさん飲んでいましたから、、、、まあ、しょうがないかな。。。)

ナーガの雫:http://naga-international.com/products/shizuku.html

☆ナーガの雫(瓶詰です)


☆瓶の裏ですが、あまりたいした情報はないような。。。。(すいません)


しかしながら、酸素ナノバブルの効能の検証はされているのか?

、、というわけで検索したところ、、、

ナーガの雫を開発した株式会社REO研究所の「酸素ナノバブルの抗炎症作用」というページに検証結果のPDFが張ってあります。
http://www.reo-ri.co.jp/report/pdf/Slides.pdf

この資料では、「ナーガの雫を開発した研究所の酸素ナノバブルは脈硬化病変形成を抑制する新たな治療方法となる可能性がある」と結論しています。

また、この研究所のサイトには、歯周病その他に対する効果のビデオもアップされています。
http://www.reo-ri.co.jp/library/index.html

さて、このナノバブル水を飲んで、今後変化があるか、、、、あればどんな効果を感じることが出来るか、、、、、どうなるでしょうか。。



 





4月 02, 2014  | Category: 不思議的・別次元的探求
ずーーーーーーーーーーーーっと以前、私は一時期那須の山中に住んでいました。そして、時々本を買いに自転車で40分程かけて町に出て行きました。

その40分の間に、何だかいろいろと物語が頭に浮かびました。

いったい何故こんなにいろいろな話が浮かぶのかなぁ、、、と思いながら、また、頭って勝手なことを思いついたり、いろいろ動いているのだなぁ、、、などとも話の断片断片で思いながら、町に着き、本屋さんに直行。

そして、面白そうな題名の本を購入して、帰宅し読み始めてビックリ!!

町への行きの道で頭に浮かんできた物語が、その本に書かれているのです!
一字一句そのままということではなく、物語の一部やストーリーが、道すがら頭に入ってきたものと同じなのです。

これが最初に発生したときは、何だか偶然だなぁ、、、と思っていましたが、町に本を買いにいくと、ほぼ毎回発生したので、何だかおかしいぞ、という気持ちになりました。

この話は誰にもしていませんので、誰かが私をからかうために、そのような本を書籍に準備したということはあり得ません。(ていうか、そんな事、本屋さんも巻き込んで準備するのが大変だし、何のために??)

そこで、「既に存在する情報を読む、あるいはキャッチすることは可能なんだなぁ、、」と思い、まあ未来が予測できるわけじゃないから、まあ有り得るでしょ、と思いました。

その後、未来予測が出来るようになったわけではありませんが、那須の山は何か特別のエネルギーがあるのでしょうか。

那須の山から下りて、下界(?)に戻る際にも、とっても素晴らしい(これは、本当に素晴らしい)体験をしました。

さて、私は何と那須の山から、アパートを借りることにした川崎へ引っ越す際に、荷物は送りましたが、自分自身は自転車で移動しようと思いつきました。(ママチャリです)
全く計画性のない私ですから、那須の山を昼ごろ出れば、川崎には夜には着くだろうくらいに考えて、出発しました。

そして、地図も持たず、、、、(方向音痴ではないという過信もあり、、)

まあ、あっちの方向が川崎でしょ、、、的なのりで、出発。
今日は町に出るいつもの車道ではなく、せっかくなので山の中の道ならぬ道を行きたいっ!と思い山道を選択。

途中、(たぶん、山に住んでいる)犬の親子を見かけて、母犬(だと思います)としっかり目が合い、両者立ち止まって「お互い自由をこよなく愛する者同士よね」、というコミュニケーションを交わし(と、私は信じている)、、、改めて、今こうして自転車で好き勝手に山を下りられる自由を実感し、、、、、、、たのはいいのですが、、、

、、、、、、、案の定、山の中で既に迷ってしまい、、、、

ぐるぐるぐるぐると道を行ききしつつ、、、、結局、那須の山の中腹に作られた、行き止まりの棚田に迷い込んでしまいました。

そして、夕暮れ、、、、、

棚田の向こうは、崖になっているようで、夕闇の暗いけれども空の青がまだ残っている中、遠くに山々の黒いかげがくっきりと見えます。

☆こんな感じでした。


☆そして、満月が空に掛かり始めました。


☆あっという間に、満月が大きく、大きくなりました。濃紺の空は深く、深く、どこまでも宇宙の奥につながっています。
そして、満月の月の雫が、ふり落ちています。


☆あれ、あれ、あれ?棚田の端の方に、誰かが満月を眺めています。???
どうやら、タヌキの様です。


わあ、すごい”!!

と、思ったとたん、私は満月と濃紺の空と、タヌキ君と、山々と、つまり全てと一体になりました。

それはとっても感動的な体験でした。

これは、本当に不思議な感覚で、森羅万象が全て繋がっているというような、エネルギーという1つの存在であるという様な感覚でした。

その後、何か行き詰ると、この時の感覚を思い出すようにしています。

那須の山が特別のバイブレーションを持っているのか、持っていたのか、私のその時のコンディションがハイだったのか。。。

今でも不思議で不思議でなりません。

そして、しばらく、タヌキと満月を仰いだ後、棚田を後にして、月明かりを頼りに、何とか宇都宮駅にたどり着き、自転車を宅急便でアパートに送り、自分自身は電車で川崎まで行くというおちがつきましたが、自転車で山を下りて良かったと思いました。



583238