June 24, 2015  | Category: オーガニック
 ある集まりを渋谷のBio Cafeで行いました。スペイン坂の途中右側にあります。

Bio Cafe:http://www.biocafe.jp/



☆初めてのBIO Cafe。夜なので、外観こんな感じ。(なんか、オーガニックカフェっぽくないなぁ。。。)


☆外の看板には、自慢のベーグルの案内があり、トランスファットフリー!!!!いいですね。


☆看板の裏には、コース料理のタイプの案内が。リセットコース、美肌コース、エナジーコース。
女子向けですね。オーガニック系はやはり女子がターゲットですね。


☆中はこんな感じです。キッチンがガラス張りで見えます。


☆そして、店内を見回して、超びっくり!!!!
リカちゃん人形がいたるところに飾ってある。。完全女子系しかも、これは超ガーリー。




☆お料理の写真や説明がなくて申し訳なしですが、各種ベジタリアン料理がありました。
ケーキ類も充実、沢山あったと記憶してます。
駅から道順が分かり易いのが利点だと思います。

☆本日のミーティングのメンバは、アメリカ人、メキシコ人、韓国人、インド人と国際色豊か。(その他にもイタリア人がいました)
で、彼らはリカちゃん人形を全く知らないので、意に介さずって感じでした。


Category: オーガニック
June 24, 2015  | Category: マクロビオティック
 やはり、マクロび料理というと、現時点ではリマカフェでしょう。

主要な乗換駅が新宿であるため、新宿で食事する際はだいたいリマカフェで。

☆ある日の定食。主菜は春巻きでした。


☆切り干し大根とキャベツ、わかめのサラダは初めて。。。うん、なかなかいいアイデアではないでしょうか。


☆春巻きの中身。それっぽい味になってます。ゴマ油と生姜などがその味を出しているのかな。春雨の食感も。。



☆そして、また別の日には、新しいサンドイッチとスナックパンが。


☆シナモンロールならぬ、イチゴアーモンドロール


☆ベジツナサンドは、大豆肉のひき肉タイプが使われていて、ツナって感じではないです。もうちょっとツナっぽいかと期待したのですが。。。


☆そして、シナモンロール風、いちごアーモンドロールです。ちょっと急いで頂いてしまい、イチゴとアーモンドの味と香りを十分に楽しめなかったので、次回はもっとじっくり楽しみたいと思います。


いずれにしろ、リマカフェ@新宿が出来て、超ハッピーで嬉しい私です。

☆また、別の日には、リマショップでお弁当を購入し、リマカフェカウンタ(電源が提供されているのがうれしい)で頂きました。


☆お品書きまで入っています。懐石料理風。


☆和正食の説明。マクロびでないお弁当も制作されているようです。
本店情報:http://masumoto.co.jp/ja/honten/
亀戸大根の各種料理が提供されている様で、一度伺いたいです。(亀戸大根のステーキ、大根のあさり鍋など、、、)


☆なかなか素敵な原材料。頂くのが楽しみになります。


☆蓋を開けると、まず抗菌シートが。これすごくいい考えですね。


☆デザートまで入った、彩りも素敵なお弁当が登場!右上の根菜類は、取り出すとそれぞれかな~り大きくて食べがいがあります。


☆オムライス風は、少量でも結構満足します。この卵焼きは何で作っているのだろうか。。。ちょっと分かりませんでした。柔らか目。(次回はじっくりと作り方を考えてみたい)


☆オムライスに添えられた花型の人参。ゴボウの煮つけにもゴマの香りがするなど、芸が細かい。


☆これは何だったかな。。。メニューを確認すると、多分大豆唐揚げとチンゲン菜の煮物だと思います。唐揚げがソースとチンゲン菜に隠れてます。


☆そして、イチゴのパフェ。これは多分甘酒かな。


☆そして、米麹と有機醤油と青唐辛子を長期熟成させた秘伝の辛み、亀辛麹が入っているのですが、全てに味がついているので、せっかくの麹が活躍する機会が(私の場合)なかった。これはちょっと残念。次回は野菜に煮物につけて頂きたいと思います。


更に次回に続く。。。。。(てんてんてん)




June 24, 2015  | Category: マクロビオティック
 なぜか自分的にデザートが美味しいこの頃。。

ずっと以前に、「ああ、お菓子やケーキだけ食べて生きていけたらいいのに、、、」と思ったことを思い出しました。
(そんなに甘い物好きではないはずなのに、なぜかその時はそんな風に夢見てました)

しかし、今やマクロビオティックのケーキをして、その夢はかなり近づいているのではないかと思ってしまいます。

☆まずは、定番のデザート、豆腐のベークドチーズケーキ。
可愛いレイアウトですが、ケーキは割とどこのベジタリアンレストランでも頂ける味ですので、なんか、そろそろもう少し工夫が欲しいところかな。。。


☆う~ん、もう少しスムーズ感を向上して、香りも何か工夫してっていうのがまず一歩かも。。


☆そして、また別の日には、抹茶プディングがありました。これも定番だと思います。


☆抹茶プディングのテクスチャです。このタイプはマクロび材料で作りやすく、一般的なものと変わらないものが作れるメニューです。


☆そして、ショップに販売されていた新たなスナック。かなり濃い~~タイプのスナック。すごく小さいカケラを少しずつ頂くのがよいタイプ。


☆ほぼ全てに有機材料が使われれています。なかなかこだわってます。


★クランベリームースタルト(?)だったかな。。タルト系も一般の物的に作ろうと思う場合、割とマクロびで作りやすい。
クランベリーソースが薫り高く、とても美味しいと思いました。


☆クラスとの上にちょっとした固めのスポンジが重なり、その上にクランベリームースが載っています。3層のバランスが悪くないです。


☆そして、これは珍しいデコレーションのタルト。やはりクランベリークリーム系です。





☆そして、これはカボチャのタルト。カボチャのペーストの上に甘酒クリームかな。。。


☆豆腐クリームのざらざら感がない、甘酒クリームです。


☆抹茶のタルトです。デコレーションがちょっと変わってます。日本風?


☆タルトの層が凝っていて、4層です。


☆そして、フルーツタルト。こんなにフレッシュフルーツがたっぷりのお菓子はマクロび的ではないですが、たまには楽しいです。


☆米粉のクッキー系各種:それぞれの名づけ方にこだわりが感じられます。
まず、ガレット。


☆原材料。
?ピロール農法って何でしょう?
調べますと、以下のサイトに説明がありました。
http://www.pyrrol.com/contents/pyrrol_noho.html
◇環境に優しいピロール農法

ピロール農法の最大の特徴は、“土の中で酸素を放出する”という点です。地球上の酸素を作り出した「らん藻」(シアノバクテリア)を活用する農法です。
従来の農法は、微生物が土の中で酸素を使って有機物を分解することで生活し、その結果、二酸化炭素を放出します。従って、土の中の酸素が欠乏しがちとなり根腐れなどが起きやすくなります。
ピロール農法は、光合成を行うらん藻を土の中に繁茂させ、そのらん藻が二酸化炭素を吸収して酸素を土の中に産み出すことで、「酸素欠乏」という問題点を克服した農法です。そして同時に、土の中の微生物も豊になります。増えたらん藻や微生物は、ビタミンなどの様々な有用な物質を土壌中に供給すると同時に、「農薬」などの分解・浄化も行います。


☆サンドクッキー(サンドイッチのという意味)アプリコット。これはちょっと油が少ないらしく固め。


☆原材料。がレットとあまり変わらない。


☆カントリークッキーバニラ。


☆原材料。これは甘みに米飴が使われてます。


☆カシューナッツビスケット


☆原材料:片栗粉や重層が入っているとサクサク感があります。


☆甘味料(お砂糖、メープル、甘酒)などが使われていないブラウニー。





☆ドライフルーツがごろごろと入っています。しっかりしたブラウニー。


抹茶とイチゴのロールケーキ。抹茶のスポンジの淡い渋みがいい感じ。


☆抹茶のティラミス。これは珍しいです。いいアイデア。


☆スポンジとクリームの2層を2つ重ねてあります。クリームは確か甘酒クリームだったと思います。


☆これが絶品でした。メロンのタルトです。(グレープではない)


☆旬のものだったためか、本当に美味しかったです。メロンボールの下にはメロンクリーム。メロンをマクロびで使うのも珍しい。


以上、リマカフェ訪問するたびに頂いたデザートやお菓子の数々。
ケーキやお菓子制作のご参考にでもなれば。。


640201