November 03, 2015  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 高円寺南口から歩いて10分位のところに、3軒自然食料理レストランがあります。

その1つ、Meu Notaに伺いました。
http://meunota.com/

☆入り口です。


☆階段を登った入り口のところ。何だかいい感じで、ちょっと期待が高まります。


☆ヴィーガン料理で、出来るだけオーガニックと書かれています。


☆入り口から見るお店の中も、なんかいい感じです。さらに期待が高まります。



☆ランチメニューを拝見。ちょっと光って見えにくいですが、1番はカレーです。ココナッツイエローカレー。


☆やはり、定食的ないろいろなお惣菜が頂けるデリプレートがいいかな。(特に初めての場合は。。。)


☆お店の中は、リラックスできるように、ソファ席などもあります。また、テーブルがゆったりと配置されていて、空間に余裕があります。


☆キッチンでは女性のシェフがお仕事。


☆Tea Timeメニューは、カレー、タコライス、ピタのプレート各種。なんとなくですが、スパイスを使った料理がお得意かも。。。

☆スイーツメニュー。


☆ここからは、ドリンクメニューですが、、、、めちゃくちゃ充実しています。お・ど・ろ・き!!!



























☆さて、お食事を注文すると、スプーン、フォーク、お箸と共に、不思議なソルト・スバイスのミックスしたようなもの、とお醤油が運ばれてきました。


☆そして、こちらがデリ・プレート。見た目もよく、ボリューム感もあり、彩りもさわやかで、すてきです。
お味噌汁がすごーーーーい、具だくさんで、とっても美味しいです。右に見える尖った器に入った白いものは、デザートかと思ったらお豆腐でした。
人参や赤キャベツや切り干し大根は、それぞれ異なるスパイスが上手に使われていて、とってもいいです。


☆スイーツには、本日のタルトを頂くことに。飲み物はゴボウ茶。これがとっても美味しい。


☆ぶどうのタルトも、ブドウが宝石のように使われていて、美しい。


高円寺近くに行ったときには、また絶対に伺いたいと思った次第です。
お勧め度高いヴィーガンレストランです。






November 03, 2015  | Category: 自然栽培・不耕起
 自然栽培を山梨で実践しているグループがあります。

木村式山梨自然栽培勉強会@山梨:http://kimurashikiyamanashi.org/

☆かの有名な「腐らないリンゴ」の木村さんのご指導のもと、様々な果物・野菜・穀物を栽培していらっしゃいます。




☆この活動に参加され、主に果実を栽培して販売されている「自然の庭ふわり」というグループ(?)から、初めて富有柿をお送り頂きました。
すごーーーく大きく立派で、見事な富有柿です。皮ごと頂いています。
自然の庭ふわり:http://fuwarinahi.exblog.jp/


☆和紙に書かれた富有柿の説明書が入っていました。


☆パンやお菓子も作っていらっしゃるようです。









November 02, 2015  | Category: 自然素材の安心料理
 武蔵境のアバンギャルド(?)な住宅を見学に行ったので、その帰りに武蔵境駅近くのミルナーナさんに寄りました。
ムサシノ野菜食堂miluna-na: http://ameblo.jp/miluna-na/

☆外観です。
他にお店がないところに、ポツリとある感じです。
外で野菜類も販売していらっしゃいます。(地場のお野菜のようです)


☆中から外を見るながめ。


☆壁にお料理などの写真が掲示されています。


☆夜ごはんのご案内


☆キッチンのようす。黒板にいろいろなメニューが書かれています。


☆夜メニューがここにも。


☆オススメドリンク。リンゴのお酒、ハードシードルも。


☆メニューです。


☆ランチメニュー


☆よるごはんメニュー


☆ソフトドリンク、すごいバラエティー。


☆アルコールもいろいろ。


☆スイーツ類


☆パフェもあります。


☆コースプランのご案内。


☆季節のおすすめドリンク


☆そして、私は、ランチの野菜たっぷりカレーを頂きました。
甘いタイプではなく、塩味のたった、しっかりしたカレーでした。野菜がとっても美味しい。


☆テーブルには、お花が生けてあり、心地よい空間を演出しています。


☆帰りがけに頂戴したリーフレット。


穏やかな、気持ちの良い、暖かい土曜日のランチでした。





November 02, 2015  | Category: 自然派住空間
たしか、ホームレス支援の街頭販売誌「ビッグイシュー」で知ったのだったと記憶しますが、武蔵境に「三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller」という住宅があることを知り、その前衛的な外観に興味を持って、見学会に参加してみました。

三鷹天命反転住宅:http://www.rdloftsmitaka.com/

☆こんな感じの住宅のようです。


当日は、ICU(国際基督教大学)の学園祭で、武蔵境駅からのバスもタクシーも混み合い、やっと乗車したタクシーの運転手さんもこの住宅をご存じなく、住宅展示場に行ってしまうなど、ちょっと辿り着くのが大変でしたが、何とか到着。

☆こちらが、住宅の入り口です。


☆3棟ある、真ん中の棟です。


☆一番右の棟は、樹木に隠れて、全体像を撮影できませんでした。


☆別の角度から撮った、第3棟。


☆説明会は、3階のツアーや貸し出し用の部屋で行われました。これがそのお部屋の入り口です。
ウィークリーマンションとして宿泊することも出来るそうです。


一通り、説明が終って、撮影タイムになります。

☆お部屋は、真ん中に位置するキッチンを中心に、360度ぐるりと個室がキッチンスペースを取り囲んでいます。


☆入り口からすぐの左側には、黄色の球形の個室があります。


☆床も球形なので、面白いというか、楽しいというか、非日常というか。。。


☆そのお隣りには、垂直のはしごとか、ハンモックとかがあります。


☆天井には多くのフックが取り付けられているので、どこにでもハンモックが掛けられるようになっています。
その他、鞄なども掛けられるように、長い金属のフック方バーが沢山用意してあります。


☆その次の個室は、丸い畳と小石の部屋です。部屋の中はピンク色。





☆カーテンもピンクです。


☆個室と個室の間にある小さな空間、小さなバルコニーに出られる。


☆シャワールーム。


☆トイレは、シャワーの後ろにあります。


☆そして、4つ目の個室は唯一、障子で他の空間と仕切ることが出来るようになっています。


☆中心のキッチン空間は、一段低くなっています。


☆キッチンの回りに座れるようになっています。
床はコンクリート作りで、でこぼこしています。少し隆起しているところは、足の土踏まずに合うようになっているそうです。いろいろなサイズがあります。
また、床は部屋の一方で高く、もう一方で低くなっています。


☆外に出て、屋上を探索する、他の参加者たち。


さて、次は1階のオフィスとして使われているお部屋を拝見しました。
お部屋は一つ一つ、デザインや色合いが異なるそうです。

☆やはり、常に使われているので、いろいろな物があり、収納というか置き方に工夫がされています。(住んでいるわけではないそうです)


☆シャワールーム、トイレです。


☆別の個室(オフィス)


☆ここの球形個室はピンク系です。


☆キッチンにも、多くの物が置かれています。
備え付けの収納が少ないので、ここに居住される方は、いろいろと工夫されているそうです。


☆個室と個室の間の、ちょっとした空間。


帰りに頂いた資料をご紹介します。

☆見学会のご案内
私が参加した見学会ではどなたも質問しなかったが、なぜ「天命反転」というのだろうか、、、、



☆立派な案内書もあります。



☆案内書に掲載されている、内部の様子を写した写真









☆これがお部屋の図面で、3LDKと2LDKの、2タイプあるようです。





☆この住宅の各種データです。


この住宅を作った建築家「荒川修作」さんの作品は、他にも2か所で常設されていて見学することが可能だそうです。

☆奈義町現代美術館:http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/
岡山県にあります。(すごーく、アクセスの悪い場所にあるそうです)


☆養老天命反転地:http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/profile.html
岐阜県です。


☆これは常設ではなく、今年の9月に開催されたプロジェクト(高知県)


こんな住宅が、もっと沢山出来てくるといいなぁ。面白い!


Category: 自然派住空間

618406