February 21, 2017  | Category: 参考文献(公式資料等)
「China Study」という有名な研究があります。

これは、米国コーネル大学の栄養学教授であるキャンベル博士が、中国における生活習慣病の実態を調べた研究です。

アマゾンの書籍「内容」に以下のように説明されています。
真実の栄養学でガンは治せる!全米の医学界・栄養学界・製薬業界の心胆を寒からしめた、衝撃の大ベストセラー!ガンに苦しむすべての人、そしてあらゆる生活習慣病から解放されたいすべての人に贈る、希望の一冊!「自然の食」こそ、最高の名医!「疫学研究のグランプリ」とニューヨーク・タイムズが絶賛した史上最大規模の「チャイナ・プロジェクト」(中国農村部の食習慣・栄養調査研究)は、すべての生活習慣病の元凶をはっきりと暴き出していた。

現在MITメディアラボ所長のJo Ito氏が「The China Study」という有名な報告書を読んでコメントしています。(2007年)
以下に一部転記します。
この本は菜食主義にとって肯定的で強い意見が書いてあるのと、動物性たんぱくの健康に与えるリスクについて説明されている本。この本はFuhrman博士のEat To Liveの本よりももっと科学的に分析している。(中略)僕はこの本を読んで、肉製品とか乳製品を少なく取らなければいけないという事とか、栄養に関する情報とかが、消費者とか医者にきちんと伝わっていないという事がわかったよ。
僕は医療にたずさわっている友達に栄養の事とかの情報がちゃんと伝わっているのかを聞いてみたくなった。
追記:この本のタイトルはこの本の著者が中国と台湾の田舎で病気とライフスタイルの研究をしたことがらつけられた名前です。(出典:http://joi.ito.com/jp/archives/2007/03/06/004489.html)」

 アマゾンで日本語翻訳版が購入できます。 




619306