July 30, 2017  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 今日は、モンマルトルの近くにある「Le pain Quotidien」というベジタリアン・ビーガンレストランに伺いました。

☆モンマルトルは丘の上にあるので、徐々に上り坂になっていきます。


☆パリは町中古い建物ばかりですが、中には新しいアパルトマンビルもあり、古いビルと壁がくっついています。


☆モンマルトル付近は、他の地区に比べてオシャレな通りがありした。


☆その通りに、目的のレストランがありました。


☆オーガニック認証マークが表示されています。


☆「ビタミンたっぷりの夏を、弊店と一緒に過ごしましょう」というような意味が書かれています。


☆お店の中で席についたテーブルから入り口付近を撮った写真。直前まで、この大きなテーブルで大勢のグループがランチをしていました。


☆メニューです。朝食メニューには、ブリオシュやクロワッサンなどがあります。ポリッジも。


☆季節の特別メニュー。


☆パン類と卵メニュー。


☆サラダと温かいお料理。クロックムッシュやポトフなどがあります。


☆トースト類、パン屋さんランチ、シェアメニュー。


☆そして、ビーガンのブランチがありましたので、これを頂くことにしました。


☆テーブルには、オリーブオイル、バルサミコ酢、シーソルト、ペパー、シュガーが置かれています。


☆さらに、2種類ジャムと不思議なペースト(原材料に小麦があり、ナッツペーストほどヘビーではなく、甘いタイプ)が。。


☆まず、ブランチセットに含まれる飲み物が運ばれました。フルーツジュースと温かい飲み物ですが、どちらもいくつかの選択肢から選べます。
私はエスプレッソの多少ミルク入り、そして梨のジュース。


☆カラフルなプレートが運ばれてきました。ガスパッチョやファラフェル、フムスやビーツのペーストなど、、、きれいですね。


☆さらに、パン3種類とデザート。


☆お店の奥は広々としていて、お店全体ウッディで、ナチュラルです。


☆入口付近の大きなテーブルには別のグループのランチが始まっています。


☆デザートは、(たぶん)豆乳ベースのヨーグルトの上に、蕎麦の実(炒ってある)、その上に様々な果物。


☆デザートを横から撮ってみました。


さて、食事の後、モンマルトルにある「聖心カテドラル」を訪問することにしました。

☆この辺りは、とっても落ち着いていて、しかしながら、活気もある、なんだか特別の地区のようです。


☆途中、こんな個―ワーキングスペースのようなところがありました。


☆マクロン氏が表紙を飾る雑誌。


☆「聖心カテドラル」へ続く道です。


☆あ、見えてきました。


☆結構急な丘のてっぺんにありますが、たくさんの観光客が訪問しています。




☆カテドラルの土台のところには、噴水的なものが。。


☆パリをデシュボー(シトロエン社の人気自動車:2頭の馬という意味、つまり2馬力)で巡るツアーの宣伝?


☆さて、ついにカテドラルの入り口に到着。ずーーーーーっと以前に1度訪問したことがありますが、本当に久しぶり。


☆中に入ると、意外に混んでいません。


☆お祈りする席と祭壇の周りをぐるりと廻ることができます。




☆たぶん、司祭様が祭壇に向かうときに通り廊下に通じるドア、、、だと思います。


☆祭壇がちらりと見えます。


☆祭壇を真正面から写したもの。(お祈りの席から写しましたが、本当はNG)


☆カテドラルからはパリが一望できます。超高層ビルがないですね~。規制しているのかしら。。


☆カテドラルのすぐ下で、こんな列車が。。。


☆帰宅途中にあったスタバ。パリにもスタバが結構あります。


さて、夕方に知人と待ち合わせ場所に向かい、その地区も結構落ち着いていて、かつ賑わいのある地区でした。

☆どうやら、博多ラーメンのお店。。。


☆メニュー。


☆お寿司のお店も、パリにはいたるところにあります。


☆こんなオープンカフェもいたるところにあります。


☆知人との待ち合わせの、超普通のカフェで、なぜかオーガニックのロゼワインがありました。


☆オーガニックロゼを頂きながら、遅刻する知人を待つことにしました。


とても美味しく、啓発的な一日。









July 29, 2017  | Category: マクロビオティック
 マクロビオティックの創始者ジョージ・オーサワ(桜沢如一)氏はパリでマクロビオティックを積極的に指導をしています。

そのため、ずーっと昔からマクロビオティックレストランがあります。

その1つである、「Genmai」というカフェに行ってみました。いまでもあるかなぁ。。。と思って。。。

☆パリ北駅から地下鉄で出発。


☆パリ北駅地下鉄の駅。


☆で、「Guenmai」(「げんまい」と読みます)を見つけました。大変老舗のマクロビオティックカフェ+ショップです。でも、バケーションでお休みでした。
以前とは異なるロケーションだと思います。


☆ここの創始者は、ガンをマクロビオティックで直したため、人々に知ってほしいという意図で、このお店を始めた方です。


☆パリの風物詩のカフェ。スモーカーが多いので、カフェのテーブルには必ず灰皿がおいてあります。


☆典型的なテイクアウトミール。バゲットのサンドイッチやキッシュなどなど。。


Guenmaiが閉まっていたので、別のマクロビオティックレストラン「Grand Appetit」に伺うことに。

☆やったー、ありました!ん?11:00~オープンてウェブサイトに書いてあったのですが、ん?閉まっている。。。。でもVacanceについては何も書かれていない。???


☆12:00からって書いてある。。。あれ~~~?!


☆お店のウインドウに掲載されているメニュー。マクロビオティックプレートがあるようです。ランチメニューもあるようです。


☆東洋式診断法の本が飾ってあります。う~ん、、とってもマクロビオティック!


☆日本の本物の味という書籍も。


☆そして、お隣りに、ショップがあるのを見つけました。こちらはすでに開店しています。


☆ショップにはスナック類もあります。


☆すり鉢(マクロビオティックでは必須アイテム、ゴマ塩をつくるため)、お酒、やお箸も。


☆各種書籍やマクロビオティック食品がいろいろ販売されています。


レストランがオープンするまで、少しお散歩することにしました。
うろうろしている時、ベジタリアンカフェを見つけました。

☆カフェ・ジンジャー。


☆シンプルなベジタリアンメニューのようです。たぶん、サラダ系が多い??


☆各種シールが貼ってありますが、オーガニック認証のシールもあるので、食材は有機栽培のものを使っているらしいです。


☆でも、やはりバケーション中でお休み。


☆近くのプチ・カフェでGrand Appetitの開店を待つことに。


☆カフェオレ小を頂くことに。


☆やっと12時になり、レストランの中に。


☆とってもシンプルな内装です。


☆中は奥に長く広いです。一番奥にキッチンがあります。


☆メニューはキャッシャーの近くの黒板に書かれています。マクロビオティックの基本プレートを頂くつもりです。


☆デザートもいろいろ。


☆奥から入り口の方を見た感じです。


☆マクロビオティック基本プレートです。お茶はセージ茶で飲み放題です。(別料金、確か、1.5ユーロだったかな)


☆もちろん、ゴマ塩が別途あり、お醤油も日本的な醤油さしに入れて各テーブルに置いてあります。

☆私は最初のお客さんでしたが、次々に人々が入ってきて、すぐに満員になりました。


☆デザートには、粟のお菓子を頂くことにしました。


☆これが粟のケーキ。土台はかなりヘビーなしっかりした(そしてしっとりした)タイプ。上の白いクリーム部分は、何でできているのか不明ですが、寒天で固められている感じでした。


☆お客様の中には、このように「動物の権利」という文字が印刷されたバックパックを背負うひとがいました。
つまり、動物の権利のためのベジタリアン・ビーガンの方々もいらっしゃるようです。


食事後に、せっかくなので、そして多分徒歩圏内なので、マクロビオティックセンターを訪問することにしました。

☆途中で、マックがありました。若い人でいっぱいです。


☆国際マクロビオティックセンター、オーサワと書かれているセンターに到着。
でも、残念ながら、お休み。


☆窓には、2017年の活動が紹介されています。


☆なんか、いろいろなプログラムが予定されているようです。


☆プログラムの1つかな、、、「出会い、対話、証言」というタイトル。たぶん、いろんな人と出会うとともに、経験者のお話を伺うような会でしょうか。。


☆センターの前には公園があります。数十年前と同じロケーションを維持しているようです。以前はセンターの付属レストランがありましたが、それは無くなっていました。残念。


☆さて、そろそろ部屋に戻ろうかなぁ、、と歩いていると、、ん?このような普通のグローサリーストアに、オーガニックのサインが、、、


☆飲み物類。その左側には玄米やコーンのポンセン類が沢山あります。


☆ちょっと新しめの地下鉄駅。


☆そして、近くのスーパーマーケットで、飲み物を買いに行くと、ん?オーガニック野菜や果物が、、、


☆パリ北駅に戻りました。アムステルダムでも見かけましたが、ここでもグランドピアノが置かれていて、どなたかが、自由に弾いていました。


さて、明日はどこに行こうかなぁ、、、















July 29, 2017  | Category: オーガニック
 大好きなドライペアですが、なかなか日本では手に入りませんが、先日やっと新発売されたので、早速購入してみました。
また、なんとオーガニックドライ富有柿もあったので同時に購入。

☆オーガニックドライペアです。オーガニックですので、皮もついたままです。オーガニックではない場合は、皮がむいてあった、果肉がもっと柔らかく、お砂糖漬けにしたタイプが多いと思います。


☆アメリカ製。漂白剤や保存料は使用されていない。(当たり前ですが、、)


☆これがオーガニック・ドライパーシモン(富有柿)で、こちらもアメリカ製です。


☆スライスされていて、そのままもぐもく頂けるくらいの柔らかさがあります。


☆それぞれ、ズームアップしたものです。


☆同時に、オーガニック・ヘーゼルナッツも購入しました。


☆皮付き・生ですので、頂く前に、オーブンで13分ほど炒ると、大変香ばしくなりますし、また、皮も簡単に取れます。
既に炒ってあって皮無しのものに比べて、価格が半分くらい安価ですので、沢山購入したい場合は超おすすめ。






Category: オーガニック
July 28, 2017  | Category: マクロび・自然食的宿泊・体験
 とっても久しぶりにパリに来ました。
アムステルダムから列車で3時間半ほどでした。

☆アムステルダムからパリ北駅行きの列車です。




☆パリ北駅に到着!


☆さて、パリ北駅からタクシーで、予約済のAirbnbのお宅に伺いました。
すごーーーーく重く、いかつい感じの正面玄関のドア。


☆このドアはピンコードで開きます。



最初の扉を開けると、第2のドアが、、、


☆これも別のピンコードを入力して開ける必要があります。


☆このアパルトマンには、古いエレベータがあり、重いスーツケースがあるので、ほっとしました。


☆階段もあります。カーペットが敷いてあります。


☆階段には、ステンドグラスの大きな窓があります。


☆さて、目的のお部屋に到着。木製のやはり重いドアを開けて中にはいります。





☆玄関を入るとすぐにホールがあります。


☆ホールの南側にリビングがあり、何かの意思でできた暖炉があります。





☆その隣りにある私の部屋。私のいつものスウェーデン国旗のスーツケースがあります。


☆私の部屋にも同じ暖炉が。





☆北側には、たぶんホストのお部屋。





☆その隣りにもう一室。


☆こじんまりしたキッチン。


☆バスルーム。


バスルームを除く、すべての部屋の床が無垢の板張りで、大変よく清掃されていて、はだしで歩きまわるのが気持ちよかったです。









July 27, 2017  | Category: 自然食的な生活
 アムステルダムに到着し、予約してあったAirbnbのホストが車で空港まで迎えにきてくれました。

☆ホストの3階建てのお宅の一番上のアティックが私の部屋です。
ホストのFransさんは、とてもおしゃべり好きな方で、アムステルダムの地図の見せて、町の歴史を語ってくれました。


☆翌日、アムステルダムの街に出て、うろうろと歩いていると、こんな学校が。。「戦争、ホロコーストとジェノサイドの学校」
そういえば、アムステルダムには「アンネの日記」で有名な、アンネ・フランクが住んでいた家があります。


☆アムステルダムの街中を馬車が走っています。たぶん観光客向け(日本の人力車みたいな、、)だと思います。


☆イスラム教度の女性たちが乗っています。


☆どこか、オーガニック系のカフェがないかなぁ、、、と思っていると、ローフード系のオーガニックカフェがありました。


☆とってもオシャレなお店。たしかその場で、生ジュースを作ってくれるお店だったと思います。


☆お腹がすいてきたので、昨年見つけたマクロビオティックレストラン「Deshima」に行こうと思って歩いていると、とっても賑やかで賑わっているレストランがあり、とっても気になったので、ここでお昼を頂くことにしました。
Wokは中華鍋なので、中華鍋料理のお店かな。。


☆どうやら、麺類とご飯類があり、麺類も米麺や全粒粉麺などいろいろあり、ソースもいろいろあり、トッピングもいろいろあり、それぞれを選んで注文するようです。


☆これらがトッピングです。私はマッシュルーム、ブロッコリ、ピーマンを選びました。


☆ソースも緑色っぽいものから、醤油ベースのようなものから、ホッとソースのようなものも、いろいろあります。


☆スタッフの方が、ガラス越しに中華鍋を、上下左右に振って料理をしています。




☆私が選んだ全粒粉麺と野菜の炒め麺。醬油ベースをお願いしましたが、ちょっと甘い醤油味になっていました。


☆とっても人気があり、常に混んでいるようです。


☆そして、スタッフ募集中です。もしかしたら、そのうち日本にも上陸するのでは?もしかしたら、既にあるかも。。


☆食事を終えて、近くの公園に行きました。ここはニューヨークでいうセントラルパークにあたる公園です。
すると、こんな女性が。。。背中にフェアリーの羽がついています。
そして、お花だらけの自転車が。。。


☆フェアリー自転車と書いてあります。


☆別に何をしているわけではなく、どこにでもこの自転車に乗って出かけているとのこと。
みんなが見てにっこりしてくれるそうです。


☆もう少し歩くと、こんな像が。誰かがひまわりを飾ったみたい。


☆昨年宿泊したAirbnbの近くの広場にある、「I amsterdam」というモニュメント。


☆「I」に上った男性が下りようとしていますが、、、


☆今回は、運河のボートツアーに参加することにしました。


☆足で漕ぐタイプの小さなボートをレンタルすることもできるようです。


☆ボートの中。


☆運河は交差しているところもあり、ここもそんなポイントです。


☆他のポートと行きかうことも結構あります。


☆また、他の運河を交差するポイント。


☆これは実際の河であり、運河とつながっているようです。


☆古い塔です。アムステルダムの街区全体は16、17世紀のままが残っているとのこと。


☆ファンシーなボートばかりではなく、こんなボートもあります。


☆フィルムセンタービル。


☆この屋上にすごく怖いブランコのようなものがあり、屋上の端からブランコが飛び出すのが見え、見ているだけでちょっとドキドキします。


☆建物は本当に美しいです。




☆また、運河の交差点。


☆車が運河に落ちないようにというフェンスがありますが、こんなに低いので大丈夫かな、、、乗り越えて落ちる車もあるのではないかとちょっと心配してしまいます。


☆本当に美しい建物がたくさん。それぞれが異なるデザインや色合いなのに、町全体にまとまりがあり、、


☆そして、やはり「Deshima」に伺うことにしました。まだお腹が空いていないので、デザートを頂くことに。


☆既に時間は18:00になっていて、お店の閉店時間を過ぎていましたが、キッチンの方が「自分がまだいるのでどうぞ」と言ってくださったので、お店でデザートを頂くことに。


☆オートミールクッキー(といっても、アメリカンサイズで、特大かつ厚みもある)と、小型のチョコレートケーキ


☆いろいろなイベントも開催されいるようで、これは女性と家族の健康。


☆日本のKushiマクロビオティックをけん引するガルシアさんもセミナーをされるようです。
昨年もガルシアさんの案内を目にしたので、定期的にこちらにいらっしゃるのでしょう。


☆オープンデー。


☆クッキングクラス「ヘルシーなペイストリーとデザート」


さて、翌日にはスキポール空港から、鉄道でパリに向かいました。

☆パリまで3時間半掛かるので、お昼を空港で頂くことにしました。
あまりレストランが見つからず、とりあえず通常のカフェレストランに入りました。


☆が、うれしいことに、ファラフェルとフムスサラダがあるではありませんか!!


☆こちらが、ファラフェルとフムスのサラダ。パン付。野菜もたくさん。


☆あれ、フムスがないのでは?と思いましたが、葉っぱの影に隠れてました。
でも、クコの実との組み合わせは、とってもオリジナル。。。



さて、次はパリ。。




















July 27, 2017  | Category: 市井の食事情
 初めてのモスクワ空港。他の空港と全く変わらない感じです。

☆Victoria's Secretもあります。




☆もちろん、モスクワらしいお土産も売っています。


☆Burger Kingやイタリアン(ピザ)などの、どこにでもあるレストランがほとんどで、コーヒーショップもいまや世界中同じ様相です。




☆クロワッサンやベーゲル、シナモンロールなど。。。


☆ビールとハンバーガー、、まるでアメリカ。。そして中国系の支払いシステムもあるみたいです。


☆ロシアのティラミス。


☆バーガーキングのフライトコンボ。ロシア語、英語、中国語。確かに中国へのフライトもたくさんあり、中国系の人々もよく見かけました。


☆全身真っ黒の黒人系のたぶん、イスラム教徒の女性たち。どこの方々でしょうか、、、




☆あ、ロシア料理のレストランもありました。






☆こんなメニューです。




















☆結局、通常のダイナ―にロシアらしい、黒パンスナックがあったので、頂くことに。
そしてポットで提供されるカモミールティーを一緒に。
黒パン(ライブレッド)は、ニンニクの香りがついていて、揚げてあります。


本当に、どこの空港も全く同じ感じになってます。(中国の空港は知らないので、もしかしたら、違うのかも。。)








Category: 市井の食事情
July 26, 2017  | Category: ビーガン・ベジタリアン料理
 アムステルダムに行くのに、モスクワ経由のアエロフロート航空便を利用することにし、あらかじめベジタリアンメニューをリクエストしておきました。

さてさて、どんなメニューが出るかなぁ。。。

☆今回はビジネスクラスなので、前菜から順番に出てきます。飲み物はソーダ水です。


☆前菜の後に、テーブルにナプキンを敷いてくれます。


☆あれ、また前菜のようなものが。。。サラダかな。。


☆え、またサラダ?次々と生野菜類が出てくるので、少し「え、また?」という感じになってきてるのですが、、、


☆一応、パンとベジタリアンバター、塩コショウが同時に出てきました。


☆そして、やっと温かいものが出てきて、ちょっとホッとしました。クリアスープ。インゲンやセロリ、ブロッコリのスープです。


☆そして、メインディッシュ、、、かな。。。ご飯と野菜類。ブロッコリとカリフラワーに多少塩味がついてますが、あとは全く味がついていない。
それぞれ素材の味をじっくり味わいたい場合にはよいかも。。


☆デザートは、各種フルーツの(たぶん缶詰)コンポートと(たぶん寒天類を使った、たぶん白桃の)ゼリー


☆そして、次のお食事時間になり、今度の前菜、基本全部生野菜と果物のオープンサンドイッチと果物。





☆次は、ライスペーパーらしきものに包まれたナスとズキーニと生野菜とディップソース(ラップと同じような、ちょっとトマト系の味です)


☆メインディッシュ。あれ、今回のお食事はラップがテーマかな。。。マッシュポテトのようなものがブリートのようにラップになっています。
野菜はマッシュルームとレタスの炒め物。ディップソースは、甘辛の生春巻きのソースです。





☆ブリート風ラップの中身。





という訳で、エアロフロートには、ベジタリアンメニュー、もうちょっと研究してほしいなぁ、、、と思った次第です。










July 07, 2017  | Category: 自然栽培・不耕起
あまり販売されていない、無肥料自然栽培の麦茶、古代小麦の小麦粉、「おそうめん」と「おうどん」を購入。

☆久しぶりの麦茶。子供のころ、夏になると沢山飲んでました。身体の熱を外に出してくれるらしい。


☆製造は岡山、販売は埼玉の会社です。「無肥料自然栽培は、肥料、農薬を使用しない栽培です」と書かれています。


☆麦茶の作り方の案内が入っていました。


☆古代小麦の三分搗き、無農薬・無肥料です。三分づきはとっても珍しいです。イタリア産です。


☆日本産にはあり得ない、細かく挽かれた小麦。


☆「おそうめん」と「おうどん」です。





☆古代小麦の五分搗きのパスタ。無肥料・無農薬です。








無農薬・無肥料の食材ばかり、土に近づくようで、とっても嬉しい。



640221