March 08, 2014  | Category: 自然素材の安心料理
キムチの素でキムチを作ってみました。

☆ まず、白菜を3日天日干ししました。結構水分がなくなってます。


☆天日干しした白菜と、小松菜およびニラをざくっと切りました。


上記に塩を加えて、和えました。

☆少ししっとりしてきたところで、この切り干し大根を準備。


☆切り干し大根をぱらぱらとほぐして加え、更に和えました。


☆ここで、韓国産トウガラシを準備。(新宿京王デパート8Fの「TOMIZAWA」というお店で購入しました。
こちらは粉末タイプです。


☆これは、粗挽きタイプです。


韓国の唐辛子は、うわさ通り、辛くなく香りがよいので、結構たくさん入れてしまいました。

☆そして、キムチの素も。


☆唐辛子(まず粉末を、そして粗挽き)を加えて、更にキムチの素を加えて和えました。


☆この時点で、キムチらしい発酵した味が出ていないので、先日購入した閔家のキムチを加えました。


☆これは、いい感じに発酵した味が出ていますし、適当な水分もあります。


☆そして、最後にニラとネギ、そしてゆずの皮のみじん切りを加えました。


☆ここで、素敵な手作りキムチが出来るはずですが、何だかみずみずしさが足りないので、浅漬けの素を加えて、少ししとっとさせました。


☆そして、出来上がり!!このまま少し寝かせて、ときどき混ぜ合わせると、多分全体に発酵が廻るのではないかと思っていますが、、、どうなるか。。。


感想:閔家のキムチの素は、甘みが強く辛みが少ないので、韓国唐辛子を追加したのは正解だと思いました。
また、あまりニンニクの香りが少ないので、今回は追加しなかったですが、ニンニクを追加してもよいと思います。

自分の好みのキムチに仕上げるには、長い道のりだと思いますが。。




March 02, 2014  | Category: 自然素材の安心料理
 キムチが食べたいという感じが続いていたため、新宿小田急地下ハルクのこだわり屋さんへ寄って、無添加キムチとキムチの素、野菜類を購入してきました。

☆無添加キムチ「閔家のキムチ」(「みんけ」と読むんですね。。。何という意味なんでしょう、、と、調べましたら、みん、びんと読み、漢姓の1つで中国・朝鮮にみられるとありました。訓読みでは「あわれむ、うれえむ」と読むんです。勉強になりました。)


☆トップには、ニコニコなコリアン女性の絵が。。。


ん、ホームページがあるようです8.
閔家のキムチURL:http://minsan.jp/ (面白いページの作りで、メニューが右側に縦で表示されています。。ふ~ん、こんな作りも面白いかも。。しかしながら、ページ遷移がすご~く遅い、なぜかなかぁ。。。)
いろいろな製品が販売されているみたいですね。めずらしいと思う製品として「さきいか和え」がありました。サキイカをコチジャンで絡めたもののようです。

「商品へのこだわり キムチたちの夢」もいい感じです。

化学調味料に頼らない、20数種が奏でるオール手造り 四季を通して安全・安心の契約農園の野菜を使用

そして、季節別の産地一覧が掲載されています。

ん、調味料として唐辛子も販売されていることを発見!!
今回の手作りキムチ向けに購入してみよう!!

☆中身はこんな感じです。(少し頂いてしまった後の写真なので、実際はもう少し中身が入っています)


☆原材料は、この通り。アミノ酸は入ってないです。


☆そして、同じ閔家のキムチの素です。原材料は上記に使われている閔家のキムチと同じです。


☆キムチの作り方も書かれています。閔家のウェブサイトにも写真入りが記載されています。(あれ、白菜を天日干しにしなくてもいいのかな。。。)


☆購入した、これからキムチに変身(?)する野菜たちです。彼らもなんだか嬉しそう。。。(私の主観ですが。)


さて、次は製作過程をご報告予定。




864687