February 21, 2017  | Category: 参考文献(公式資料等)
「China Study」という有名な研究があります。

これは、米国コーネル大学の栄養学教授であるキャンベル博士が、中国における生活習慣病の実態を調べた研究です。

アマゾンの書籍「内容」に以下のように説明されています。
真実の栄養学でガンは治せる!全米の医学界・栄養学界・製薬業界の心胆を寒からしめた、衝撃の大ベストセラー!ガンに苦しむすべての人、そしてあらゆる生活習慣病から解放されたいすべての人に贈る、希望の一冊!「自然の食」こそ、最高の名医!「疫学研究のグランプリ」とニューヨーク・タイムズが絶賛した史上最大規模の「チャイナ・プロジェクト」(中国農村部の食習慣・栄養調査研究)は、すべての生活習慣病の元凶をはっきりと暴き出していた。

現在MITメディアラボ所長のJo Ito氏が「The China Study」という有名な報告書を読んでコメントしています。(2007年)
以下に一部転記します。
この本は菜食主義にとって肯定的で強い意見が書いてあるのと、動物性たんぱくの健康に与えるリスクについて説明されている本。この本はFuhrman博士のEat To Liveの本よりももっと科学的に分析している。(中略)僕はこの本を読んで、肉製品とか乳製品を少なく取らなければいけないという事とか、栄養に関する情報とかが、消費者とか医者にきちんと伝わっていないという事がわかったよ。
僕は医療にたずさわっている友達に栄養の事とかの情報がちゃんと伝わっているのかを聞いてみたくなった。
追記:この本のタイトルはこの本の著者が中国と台湾の田舎で病気とライフスタイルの研究をしたことがらつけられた名前です。(出典:http://joi.ito.com/jp/archives/2007/03/06/004489.html)」

 アマゾンで日本語翻訳版が購入できます。 



December 31, 2016  | Category: 参考文献(公式資料等)
 厚生労働省がん研究助成金「がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究」班が編集した「がんの補完代替医療ガイドブック第2版」

https://hfnet.nih.go.jp/usr/kiso/pamphlet/cam_guide_0714.pdf

この資料のP.20で「世界がん研究基金が2007年に報告書を発表しています」として、「10項目のがん予防指針(概略)」表を掲載しています。
以下にその表を転載します。
1.標準体重を維持し、ウエストサイズが増えないようにする
2.毎日30分以上の運動をする(早歩きのような中等度の運動など)
座りぐせ(テレビを観るなど)を減らす
3.高カロリーの食品を控えめにし、糖分を加えた飲料を避ける(ファストフードなども含む
4.野菜、果物を1日5品以上食べる(1日400g以上)
全粒穀類、豆類を毎日の食事に取り入れる
精製されたでんぷん食品は控える
5.肉類を控えめにする(鶏肉は除く、牛・豚・羊など。週500g未満) 
加工肉(ハム・ベーコン・ソーセージ等)を避ける
6.アルコール飲料を飲むなら、男性は1日2杯、女性は1杯までにする
(1杯はアルコール10g~15gに相当)
7.塩分の多い食品を控えめにする(1日6g以下)
かびの生えた穀類・豆類は食べない
8.がん予防の目的でサプリメントの使用は推奨できない
9.生後6ヵ月までは母乳で育てるようにする(母親の乳がん予防と小児の肥満予防)
10.がんを患った人は、上記1~9の推奨に従う
または専門家から適切な栄養指導を受ける

上記の通り、全粒穀物と豆類が推奨されていますね。
第2版は2007年作成ですが、以下の第3版(2012年作成)にも同様の記載があります。

この冊子は、厚生労働省の「統合医療」情報発信サイトに掲載されています。
(こんなサイトがあったのだ、、)
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html



640202