December 20, 2017  | Category: 自然食的な生活
「医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」(牧田善二著)を読みました。
なかなか示唆に富む内容でした。

基本的にこの著者は「不調の原因の9割は血糖値である」と主張します。

この中で紹介されていた2つの書籍が印象的です。

1.「ブルーゾーン」ダン・ビュイトナー著:世界の長寿地域が書かれているとのこと。
2.「日本の長寿村・短命村ー緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める」近藤正二著


1番の書籍
「ブルーゾーン」には、以下の4つの地域に長寿者が多いとしています。
・カリフォルニアロマリンダ
・イタリアのサルディーニャ島
・沖縄北部
・コスタリカのニコジャ
半島
ギリシャ イカリア島


これらの地域の共通事項に基づき、著者は、100歳まで生きるルールとして、以下としてまとめています。
・豆を沢山食べる。
・野菜はたっぷり多種類食べる。
・坂道を歩く ・死ぬまで働く
・生きがいを持つ
・食べ過ぎない
・アルコールをたしなむ(意外ですね。)
・チョコレートを食べる(ポリフェノールのためのようです)
・医者を選ぶ

2番の「日本の長寿村・短命村ー緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める」は、近藤正二博士が36年間にわたり、日本中を歩き、長寿者が多い村、逆に短命者が多い村を探して訪ね、その生活様式を調査した結果です。
この研究結果を「
医者が教える食事術」牧田博士が以下のようにまとめています。
①健康・長寿の決め手は食生活である。
②酒飲みは短命ではない
③重労働をしている人の方が長寿
④ごはんの食べ過ぎは短命
⑤魚ばかりで野菜が少ない村は短命
⑥大豆製品を多く食べている村は長寿
⑦大量の野菜を食べている村は長寿
⑧果物を多くとる村は短命
⑨海藻を多くとっている村は長寿
⑩肉の食べ過ぎは短命
⑪塩分を取りすぎている村は短命


お勧め書籍です。







December 06, 2017  | Category: 自然食的な生活
 立川駅ビル南エントランス付近に、「ハピマルシェ」という、様々なお野菜を販売しているお店があります。

☆そこに、何と白い苺が売られていました。ちょっとびっくり。


☆パールホワイトという名称がついています。


駅寄りの食品売り場では、「おやき」がありました。野菜系のお焼きが沢山。
☆これは舞茸のおやき


☆野沢菜、ぶなしめじのおやき。


☆じゃがいもと切り干し大根。


☆野菜ミックス。


☆粒あんとカボチャ。


☆メニュー。そば粉も入っているようです。


☆舞茸と野菜ミックスを購入しました。


☆カフェやギャラリーもあるようです。通信販売もあります。


☆おやきの説明と、美味しい頂き方。


☆販売元は「いろは堂」で、本店は長野市にあります。


☆舞茸のおやき。たっぷりの舞茸が入っています。


☆そして、野菜ミックスです。キャベツが沢山入っています。






November 28, 2017  | Category: 自然食的な生活
田園都市線鷺沼駅からすぐのところに、手打ち蕎麦「よしみや」さんがあります。

☆こだわりのお酒も提供するお店です。伺うたびに、お酒の詳しい説明があります。〇号タンクとか。。私には全く分からない世界ですが、、、、


☆お蕎麦の楽しみ方の楽しい漫画もありますよ。




☆さて、季節の一品メニュー。海茸粕漬け、、、渋いですね。


☆お持ち帰りの乾麺とつゆもあります。


☆東京湾の天然穴子の天ぷら。。そして、蕎麦とお酒のバス旅行ご案内も。


☆鴨南そば、、普通のお蕎麦屋さんの鴨南蕎麦とは異なるかな。。。


☆常備メニューです。大盛や追加蕎麦もあります。










☆そして、黒マイタケとナスの天ぷら。そしてせいろを頂くことにしました。本当に美味しいお蕎麦とつゆです。


注意:お蕎麦には卵が含まれます。




November 23, 2017  | Category: 自然食的な生活
 荻窪の南口商店街に、以前から気になる手打ち蕎麦屋さんがあるので、伺ってみました。

☆表通にはお蕎麦の写真があります。蕎麦カフェ、、、ふ~~ん、どんなお店かなぁ、、、


☆2階に上がる細い階段を上って、お蕎麦屋さんらしき入り口を探すのですが、、、、、、???どこかなぁ、、、
あ、ここかしら、、、越前手打蕎麦と書いてありますが、、、、でもあまりにも珈琲店ぽ・過ぎませんか???


☆恐る恐る中に入っても、やはり完全に珈琲店で、、カウンタにいらっしゃるお店の方にお蕎麦頂けますか、と質問してしまいました。
頂けるとのこと。。


☆窓側の席に着席。


☆確かに、テーブルにはお蕎麦の写真が、、、


☆メニューです。さすが珈琲店、コーヒー類がすごく充実。その右側にお蕎麦の写真が、、、珍しいメニューです。


☆期間限定で、温かいそばつゆもあるそうです。


☆こんな風にお蕎麦を打ってますよ、、、という写真も。


☆お勧めの「越前おろしそば」。


☆板わさもあります。また、お酒もあります。


☆珈琲店なので、ストレートコーヒーの種類がいろいろ。
一番下に、カップはメニューからお好きなカップを選んでください、と書かれています。


☆カップの種類は、ものすごい数があります。















☆そして、注文した越前おろしそばです。


☆しっかり腰のある手打ちそばです。


☆手打ちなので、すごく太めの箇所もあります。


☆トイレも珈琲店ぽいです。


☆トイレに掛かっているイラスト、、、動物のオーケストラ。


コンセプトは何かなか、、、と思いつつ、、、、

November 21, 2017  | Category: 自然食的な生活
 さて、翌日は、宿泊先から歩いて5分ほどのところにあるHeizenの町の中心街に行ってみることにしました。

☆ん、窓の外を見ると、通りの向こう側にある幼稚園へ子供さんを送ってきたパパの車が、、、なんか、超アメ車ではないですか、これ。。ヨーロッパで見るのは珍しい感じで、ちょっと驚き。


☆近所の家々は、みな同じレンガ造りです。


☆街中のカフェで朝食を頂くことにしました。このようにゴマなど、いろいろなシード類がついているパンとカプチーノ。


☆北ヨーロッパ周辺の国々では、全粒粉やいろいろな穀物・シード入りのパンが沢山あります。


☆町の中心広場には、オープンテラスがあります。


☆週末には、マーケットが出ます。


☆あらゆるものが売られています。


☆かなり小さな町ですが、立派なオーガニックショップがあり、ちょっと驚き。


そして、その次の日には、Utrecht(ウトレヒト)の近くにある、オランダのシリコンバレーといわれるEindhovenで、知人がロボットプロジェクトのオフィスをオープンするということで、オープニングパーティに参加しました。
Robot Love:http://www.robotlove.nl/en/


☆Robot Loveの主宰者、Ineさん(中央)。今年4月に日本にいらして、大阪大学の石黒教授など関係者を訪問しています。


☆同じビル内に、シンギュラリティユニバーシティのオランダオフィスがあるということで、訪問してみました。
シンギュラリティユニバーシティとは、革新技術の動向やその影響について啓発活動を行う教育機関です。本校はシリコンバレーにあります。(私は2014年にプログラムに参加しました)
Sigularity University:https://su.org/
Wikipedia (日本語):https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3
Sigularity University Netherlands Branch: https://singularityuthenetherlands.org/




☆どなたもいらっしゃらないようです。常勤の方はいらっしゃらないのかも。。


☆ドアは空いていたので、中に入ってみました。


☆まだ、出来たばかりなので、奥はガラ~~んとしています。


☆このバイクは何かな?スマートバイクだろうか、、、、あるいはスタッフの方が乗っているもの?


この日はテクノロジーよりのマインドになりました。

☆で、その翌日、アムステルダムで知人と会う約束があり、少し早く着いたので、今まで行ったことが無い地区に行きました。
す、すると、こんな看板が、、、、
アムステルダムといえば、ですが、「Weedが吸えますよ」という看板。


☆周りを見回すと、こんなカフェが沢山!!みんな中でWeedを吸っています。うわさは本当でした。合法なので。。。






☆そして、知人と会いまして、お食事をすることに。。
ベジタリアンメニューがある近くにお店を探すと、こんな日本料理レストランがあり、入りました。
仏像があり、桜の花(八重桜ですよね)が満開(もちろん、造花です)。。。全体きらびやかで、赤い色合いです。


☆ベジタリアンメニューはこちら。ん、日本料理ではないです、やはり。全体中国料理。


☆お味噌汁がついていますが、こちらもちょっと日本のお味噌汁とは違うなぁ、、、


まあ、でも、アムステルダムでは、割合どこでもベジタリアンメニューがあり、これはとっても嬉しいです。

というわけで、今回もいろいろ学習できた、アムステルダム訪問でした。

そして、次の日に日本帰国の途につきました。




September 30, 2017  | Category: 自然食的な生活
 さて、Cuisine et Santeで知り合ったスペインバスク地方のセニョーラに、彼女の住む町、サンセバスチャン・レンテリアに連れて行って頂くことになりました。

☆ピレネー山脈のフランス側の高速道路を走ります。


☆サンセバスチャンの街には多くの観光客が訪問しています。


☆大きな聖堂があります。


☆海辺の町ですので、港には船が沢山。


☆港内のクルーズに乗って、港を一周。


☆この地方のバールで沢山、いろいろな種類が提供されているピンチョス。





☆一種のオープンサンドイッチです。海辺なので海の幸が多いです。



最後に、サンセバスチャンについて、こんな記事がありました。
私はそんなすごいレストランを訪問する機会は、今回はありませんでしたが、マクロビオティック(的)料理を提供するレストランはありました。(写真撮影を失念!!残念)
「いま世界中の美食家がこの小さな街に集まってきています」http://heyazine.com/story/san_sebastian

マクロビオティック料理を頂けるレストランもありました。訪問しましたが、写真撮影を忘れました。。。(残念)




585970