July 28, 2012  | Category: 自然食的な生活
 まあまあ近くに、というか同じ市内に以前から気になっていた手打ちそば・うどんのお店があり、やっと行ってみました。

☆大通り沿いにあるからか、駐車場が広く、その奥と店舗横に竹などの涼しげな樹木が植わっています。


☆駐車場の奥にはこんな可愛らしい感じの風景も。日本のお蕎麦屋さんて、本当に清潔ですね。


☆お店の外観はこんな感じです。白と黒のコントラストがすっきりとした佇まい。


☆お店に入るとこんな感じ。とっても普通のお蕎麦屋さんです。(写真ぼやけてまして、すいません)


☆お品書きも、本当に本当に普通のお蕎麦屋さんです。余計なメニュー無し!!!お蕎麦を食べて頂きましょう、って感じです。
お酒のおつまみも、板わさ、お新香、天ぷら盛り合わせ、くらいしか無かったと思います。


☆ 出して下さったお茶は、そば茶。香りが高い、透明感のある、素晴らしいお茶でした。


☆窓の外にはグリーンカーテン(まだ生育中)があります。エコですね。


☆注文した、おろし蕎麦です。わさびが新鮮!!細かく卸してあります。色も美しい!


☆お蕎麦は手打ちですので、太さがいろいろです。毎朝お店で打っているそうです。 
色白の腰のしっかりしたお蕎麦です。
お汁に付けた物を出して下さり、私が食べるのが遅いので(というより、 お蕎麦ってつるっと 噛まずに飲み込むって言いますが、私はよくよく噛んで味わって食べるからなのですが)、お蕎麦に汁の味がしみてしまいまして、お蕎麦本来の味が十分に楽しめませんでした。次回はせいろを食してみたいと思います。


食事を終えてちょっとゆっくりしていると、となりのテーブルの人(お年寄りのお母さんと50~60代の息子さん風)がなにやら言い合いをしているので、ちょっと耳をダンボにしてしまい(お行儀悪いですね。。汗)、でも結局何を言い争っているのか全く分からず、でもそしてそちらに気を取られて、お店に携帯を忘れて来てしまい、後で取りに行きました。お店の方々、有難う御座いました!!


July 26, 2012  | Category: 自然食的な生活
少し前に、内装とメニューをリニューアルした新宿京王モールの「粥餐庁」さん。

☆これが新しいメニューの表紙です。朝粥も開始。以前は確かやっていなかったと思います。いいですね。中国の人々は朝お粥を食べるとのこと。中国人の強さの素(の一つ)ではないのかしら、と思っています。


☆これらの「赤」い粥と、「緑」の粥が新たな売り物のです。
 

☆早速、緑の粥をいただきました。そら豆が沢山入っていて、本当に身体にやさしい味です。私はそら豆ラブなので、すごく嬉しい。
トッピングはジャコです。カルシウムも補給出来る。


☆そして、今でも健在なタンタン麺。新しいメニューにはお肉は入っていないと追記されていました。干しエビが入っています。
 

☆こちらも健在。ただしお持ち帰り専用。


☆これが、実物のパッケージの表。「こびり」という名称だそうですが、どういう意味なんでしょうか???
原材料がすごい。玄米粉(国内産)、有機豆乳、てんさい糖(マクロ・ビ的ですね)、植物性油脂(これだけはちょっと怪しいなぁ。。どんな植物性油脂なんでしょうか。)、アーモンド粉、トレハロース(テレビで一時期宣伝してたヤツですね)、山芋粉(これもいいですね)、ベーキングパウダー(アルミフリー)(すごく嬉しい)、コラーゲン(魚由来)、自然塩、、、、 


というわけで、私のお気に入り3点、ご紹介しました。



626010