October 25, 2016  | Category: マクロび・自然食的宿泊・体験
ピッピービレッジ滞在の翌日、ヒッピーフェスティバルの準備のお手伝いに行くことに。

オランダのヒッピーフェスティバルということで、いろいろな意味ですごーーーーーく期待高し。。

☆その前にオーガナイザーの1人、カトライナがショッピングをしないといけないということで、近くの街へ買い物に。。
そして、途中で、私に気遣ってくれて、「普通、オランダ人は生の魚は食べないけど、生ヘリングは食べる習慣があって、私はこれが大好きで、、、食べに行こう!」と、お店へ。


☆Kampenという町の魚屋さん、女性の店員さんばかり。。。


☆いろいろな料理用魚が売られています。基本、切り身です。


☆奥の方には、こちらのお惣菜のようなデリがいろいろ。


☆生ヘリングの切り身と玉ねぎの粗いみじん切り、カトライナとレイリーと私の分が出来ました。


☆私の知っているヘリングは普通、酢漬けにしてあるのですが、これは本当に生!!そして結構でかい!!


☆カトライナとレイリーは、ほぼ2口、3口でペロッとだべてしまいました。これが食べ方だそうです。


☆Kampenの町の小学校の放課後。お母さん、お父さん達が、みな自転車で迎えに来ています。(日本でもそうなのかしら。。)


☆Kampenの街もなかなか美しい。旅行客も多く訪ねてくるそうです。


☆こんな小路が、そこここにあります。


☆この町にもありました、オーガニックショップ。


☆結構奥深く、いろいろな商品があります。


☆日本のオカキのようなものもありますが、どうやら大豆のクッキーのようです。


☆添加物の入っていないタバコを頼まれているので、買わなくちゃいけない、と、昼休みでしまっているタバコ屋さんを、お願いして開けて頂き、タバコを買うカトライナ。
オランダ人は本当にタバコ好き。。スウェーデン人もタバコ好きでしたが。。。
後ろの棚、全部タバコです!!!!!!日本では考えられない!!


☆さて、フェスティバル会場の看板が見えたところで車を止めて、会場はどこかなぁ、、、と探すが、この道のずーーーーーーーーーーーーーーっと行ったところらしい。
重い重いスウェーデン国旗のスーツケースを引きずって、永遠と思える森の道をトボトボと歩くこと10分ほど。。。


☆フェスティバル開催場所に到着すると、すでに準備に協力する人々が集まっていて、テントもいくつか立っていました。カトライナのパートナー、ボブがすでに前日から入って準備を進めていたようです。


☆あちこちで、人々が寛ぎつつ、準備をしようかなぁ、、、、でも、まだいいかなぁ、、、みたいな感じで。とてもリラックスして、皆マイペースで、気の向くままに動いています。


☆ここは、メインメンバの輪のようです。カトライナ、べビット、ボブがいます。


☆レストランも出来るようで、、、


☆少しずつ、夕食の準備に取り掛かっています。
これらすべて、ボランティアで行われ、ドネーションベースで、参加者が好きなだけ寄付をします。
今日の夕食は何かなぁ、、、


☆メインテントの中心には、常に火が灯っていて、人々が入れ替わり立ち代わり、おしゃべりや、くつろぎにきます。


☆これは参加者のテントサイト。私はボブの友人が準備してくれたテントに荷物を置いて、、、


その後は、ゴミ箱の場所作りをお手伝いし、めちゃ汗だくになって、その後はふらふらしながら、夕食のパスタトマトソースを頂き、その後は、真っ暗な中を参加者のテント用地まで行き、スーパームーンの光が輝く夜をおしゃべりで過ごし、テントでぐっすり睡眠をとりました。
(この間の写真はないのが残念。ゴミ箱場所作りがとっても大変でそんな余裕はなかった。その後はもう写真のことは忘れてました)


☆そして、じゃーーん、翌朝!!!
フェスティバルサイトのレストランに行くと、おいしそうなパンケーキが出来上がってました。


☆朝食を終えて、また、ゴミ箱の場所作りです。分別がちゃんとされるように工夫している。右の黄色いシャツの女性が私のゴミ箱の場所作りのボス。
そして、素敵なコートを着ているWijjo。手作りだそうです。


ここで、私はちょっとアムステルダムに戻る用事が出来て、結局フェスティバルには参加せずに、皆とお別れ。
とれも残念ですて、来年!!(また、来たい!)










« Prev itemNext item »

897296