October 16, 2016  | Category: 自然食的コミュニティ
 ホストのピーターさんと、スウェーデンへの移民の話をしていたら、移民が多く住む町でちょっとしたイベントがあるから、一緒に行かないかを誘われて行ってみました。
科学技術を子供たちが簡単に体験できるミュージアムでのエコイベントのようです。

☆リンゴジュースを作る機械のデモ。右の男性はピーターさん。


☆リンゴジュースの搾りかす。


☆左の枠内での足踏みで、右側の噴水が出たり止まったりする装置。子供たちは大興奮で全身びしょ濡れで遊んでいました。


☆なにやら、ジャイアントロボットアームのようなもの。


☆物体がぐるぐる回って、中の穴に落ちていく装置。宇宙のブラックホールを連想させます。


☆なんだか、円盤がくるくる回る装置。あちら側にモスレムの女性の姿が見えます。移民の人々だと思います。
そうだ、移民が多く住む町だったのである。


☆ジャンプすると、上下する仕組みの遊び具。


☆どうやら、脳が見えるオブジェ?


☆これは、地震を体験できる仕掛け。


☆木製のボールで遊べる器具(らしい)。。


☆ホストのピーターさんの環境活動に関するプレゼン。古い建物の広いホールで。


☆2階にもいろいろな仕掛けの遊び場がたくさんあります。


☆これは確か、工作スペースだったような。。。


☆迷路も楽しめます。


☆見たことが無い、かわいいボンボリ状の花(?)の蔦植物。


☆エコイベントなので、中庭には、エコっぽいブースがいろいろ出ています。
これは、薬用植物のブース。


☆その、プロモーター。


☆さて、移民の町を実感できるシーンがありました。
何かパフォーマンスが行われるため、参加者が階段に参列。ブロンドヘアの子供たちは見当たらず、中東系の人々ばかりです。


☆これは日本で取り入れるといいと思ったのが、トイレへの誘導。
この黄色く光るロープを辿ると、トイレに行けるようになっています。


☆はい、ちゃんとトイレまでつながっています。


スウェーデンの移民問題までは感じることができませんでしたが、細かいところに、スウェーデン人の考え方を感じることができました。



« Prev item • Next item »

639405